> こころの中。
消えてなくなるって
あるのかな。



消えても
なくならないって
私は思う。






今日は
一度も会ったことのない
祖父の命日。




母親がまだ幼い頃の
遠い昔の今日です。






今の私より若かった祖父。



おじいちゃんと呼ぶには
申し訳ないような気がして、

私は親しみを込めて

祖父の下の名前4文字の内
上の2文字をとって

○○さんと呼んでいます。





一度も会ったことがないのに
なぜか私はこの祖父のことが
大好きです。




母親にとっても
おぼろげな記憶の中で

いつも聞かせてくれる
思い出話の数は
そう多くはありません。




でも

どの話を何度聞いても
飽きることがなく、

隔世遺伝だと自覚するほど
自分が祖父に
似ていると思う部分があって、

聞いていてとても楽しい。







実際には会ったことがないのに
これほど身近に感じられる
自分でも説明のつかないこの感情。



それはきっと

脈々と、

連綿と、

心が受け継がれているからだなぁ~
と思うのです。







目に見えるものしか
信じられない人には

なりたくないな。




目に見えないことの方が
大切な場合もたくさんあるし。




私が祖父を想うとき

祖父も私の心の中にいて

いつでもたくさんのことを
教えてくれる。






消えてなくなるものなんて
何ひとつとしてない

って私は思います。
[PR]
by courtfield | 2013-07-18 19:08 | 日常

がま口いっぱいのしあわせ。
by courtfield
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。