カテゴリ:日常( 169 )
京都紅葉めぐり(後編)
師走に入り日々寒さも厳しくなる中、
既に少々季節外れの話題ではありますが…
今年の紅葉の記録 後編です。



永観堂に行った翌週11/28に訪れたのは、
京都の紅葉名所ランキングで常に上位の

東福寺。


e0289377_09184643.jpg


e0289377_09193095.jpg


朝から本当に気持ちの良いお天気でした。


確か前回の永観堂では
拝観時間30分前頃から混み出した…という
記憶を元に

東福寺へはきっちり30分前に到着。



すると
永観堂で見た光景とはまるで違う
開門を待つ人々の大行列が続いていて、

一瞬ぼーぜん( ゚д゚)



お天気が良かったのと
見頃の一番のピークを迎えていた事もあって、

人々の本気度がまるで違っていました(笑)



拝観料を納める為の窓口がいくつもあるので
スムーズに進むのですが、

そのあと列を抜けるのに人が入り乱れて
一苦労という場面もありつつ何とか無事に境内へ。



e0289377_09462966.jpg


e0289377_09470765.jpg


紅葉の向こう側に見えるのが通天橋です。


この通天橋から見下ろす紅葉が絶景で
毎年大人気なのだとか。



e0289377_11255367.jpg


e0289377_11273144.jpg


キ~レ~~イ(*゚∀゚*)って
立ち止まって眺めていたいのですが、

後方の方が次々と
撮影の順番を待っているような状況で、

ゆっくりとか、のんびりと言うより
順路に従ってどんどん進む感じ?(笑)



e0289377_11531879.jpg


e0289377_11541655.jpg


e0289377_11552023.jpg


もーう、
こんなの観たことなーい(゚ロ゚ノ)ノ

って言うほどもりもり(笑)



通天橋に人が溢れないように
という事でしょうか、

流れに沿って行くと
後戻り出来ないようになっていて、

永観堂に比べると滞在時間も
自然と短くなってしまい、、、


そうなると行き着く先はお決まりの

e0289377_12112185.jpg

茶屋での休憩 ^ ^



永観堂は境内で紅葉を観ながらでしたが、
東福寺は参拝を終えたら最後に外でどうぞ~と
言う感じでした。


永観堂で飲んだ甘酒が美味しかったので
東福寺でも私は甘酒にしたのですが、

これまた両お寺で全く違う味。


永観堂は甘酒の中に生姜が入っていて、
東福寺は生姜風味の菓子が添えられていました。



外には特設のお土産屋さんも並んでいて、
記念に紅葉の絵付けがしてある
清水焼の小さな器をひとつ購入しました。



当初この日は
もう一度京都の紅葉を観に行くか、

逆にのんびり奈良の紅葉を観に行こうか…と
思案した上での京都だったのですが、

あまりの人の多さに
急遽このまま奈良へ向かおうという事になりました。




e0289377_12505743.jpg


e0289377_12520552.jpg


e0289377_12525983.jpg


この美しい風景が観れただけでも
奈良に来て良かった~と思いました。

遠くに見えるのが東大寺です。



奈良公園の辺りは
修学旅行の学生で賑わっていましたが、

それでも全体的に随分静かな印象があったのは
秋はやはり京都に向かう方が
圧倒的に多いのではないかと思いました。


半日しかなかったので、
ならまちで偶然見つけた美味しいお寿司屋さんで
お昼を食べたあとで

興福寺を拝観させて頂き大阪に戻りました。




さて
昨年の状況からいったら
京都の紅葉もほぼ終わりに近づいているであろう
今月1日のこと。


最後にもう一ヶ所観ておきたかった場所があり
行ってまいりました。



e0289377_13275116.jpg

世界文化遺産
下鴨神社境内、糺(ただす)の森。


e0289377_13302160.jpg

e0289377_13305623.jpg

e0289377_14570576.jpg

e0289377_13313940.jpg

e0289377_13320748.jpg

e0289377_13324571.jpg


このノスタルジックな雰囲気
伝わりますでしょうか ^ ^



下鴨神社は
百万遍さんでいつもお世話になっている
知恩寺から近いのに

今まで一度も参拝させて頂いた事がなく
今回初めて拝観させて頂きました。


下鴨神社は京都の中でも紅葉が遅く、
糺の森はまるでヨーロッパの公園のよう
と聞いていたので、

最後チャンスがあれば是非!と
思っていました。



観光の方もあまりいらっしゃらず、
カメラがご趣味というような方がちらほら。


心落ち着く素晴らしい時間を過ごしました。




この日
次に向かったのが哲学の道。


e0289377_13542248.jpg

e0289377_13550460.jpg

e0289377_13555368.jpg

e0289377_13563312.jpg

e0289377_13570751.jpg

e0289377_13575692.jpg

e0289377_13584215.jpg

ある意味穴場ではないでしょうか。

こんな風に道沿いの木々が色付くなんて、
私が行った時は人も少なくて
以前歩いた時とはまた違った趣があり
とても素敵でした。


最後はそのまま平安神宮まで歩き
参拝をさせて頂きましたが、

日が良かったのか下鴨神社でも平安神宮でも
結婚式に遭遇し、
とても厳かな気持ちになりました。



以上がこの秋に私が関西で観た
紅葉の全てです ^ ^



広島に旅行した時は広島に住んでみたいと
思いましたが、
秋の京都に行ったら京都に住みたい!
毎年毎年こんな紅葉を観ることが出来たら
どんなに幸せだろう…
と思わずにはいられないほど本当に美しい世界でした。


「この季節だけは京都に住んでいて良かったと思う」
と市の仲間が言っていましたが、
その気持ちがとってもよくわかりました。



今年観たこの数ヵ所で
どこが1番というのは難しいけれど、

少し時間が経って思い出すのは
スマホの画面を通してではなく、
心の目で観た風景ばかり。


そう思うと
初めに行った勝持寺は特別忘れ難く
胸に刻まれたような気がします。



今年の秋は私にとってとてもいい季節でした。
思い出、大切にしたいと思います。




e0289377_14403257.jpg








END









[PR]
by courtfield | 2017-12-11 15:20 | 日常 | Comments(0)
京都紅葉めぐり(前編)
e0289377_10500327.jpg



「そうだ、京都行こう。」

あのCM見る度に憧れていた秋の京都。


一生に一度は京都のあの、
真っ赤に燃えるような紅葉を
この目で観てみたい!と思ってはいても、

東京に住んでいては
なかなかタイミングよく旅程を組むのも
難しいものだなぁー、、、と

私は関西で暮らすようになって
尚更そう思うようになりました。


宿泊先は早い所では1年も前から
予約が必要だと聞くし、

各名所での混雑回避のためには
早朝が鉄則とあっては
無理して日帰りというのも難しい。


一番の盛りの時期も
その年の気候条件によって多少前後するため、
ベストの日程を事前に見極めるなんて、ただ

観てみたい!

としか考えていない
私みたいな人にはムリなんです( ;∀;)


関西にいたって結構難しいと思ったのは、
去年大阪で迎えた初めての秋のこと。


去年は色づき始めの頃に
大阪で紅葉狩りと言えば、、、の
箕面には行ってきたのですが、

ニュースでも連日取り上げられるほど
いよいよ京都が秋本番!を迎えると、

予定する日予定する日が
ことごとく雨、、雨、、雨、、、


12月に入ってすぐ、
ようやく晴天となった休日に嵐山まで出かけたものの
ほとんどが見頃を終えていて…
あの時はショックだったなぁ~( ;∀;)



その分今年は
私なりに気合い入れました(; ・`ω・´)

京都の紅葉を観ずして東京には帰れない!
という固い決意のもと
水面下で独自の調査をしてきました。
(知人に聞き込みして情報をもらっていただけ 笑)


そしてここ重要。
行かれる日は休みなく京都に行く 笑


また次の休みにしようかぁー、
とかユルい事を言っていると
後で必ず後悔することになるので、

眠くてもとにかくひたすら早起きしました。



前置き長くなりましたが、
以下今年の紅葉狩りの記録です ^ ^






まず訪れたのは11月中旬、
京都市西京区にある勝持寺。


春には100本近い桜が咲き誇る事で
別名「花の寺」と呼ばれているそうですが、
紅葉の季節がまた格別と。


ただ京都在住の知人に聞いても
ほとんどの方がご存知ない…

という事は穴場。



そう実はこのお寺、
京都のタクシードライバーさんから
教えて頂いた、まさに穴場。


以前京都の駅からタクシーに乗った時、
物静かでぼくとつとしたドライバーさんが
ポツポツと小声で何かをお話されてる。。。


耳を近づけて聞いてみると
(ホントに近づけないと聞こえなかった 笑)
どうやらご趣味が写真とのこと。


お休みの日にカメラを持って出かけるのが
楽しみだそうで、
中でも紅葉の季節に一番好きなお寺が勝持寺と。


伺った瞬間
そこだけは忘れないようにとメモし、
きっとこれも何かのご縁。。。と

実際にワタシ行ってきましたこのお寺に。






これ
観光の方行かないはずだわ。


どこか近場の観光地と組み合わせるって、
出来ないと思います。


阪急東向日からバスに乗って南春日町下車。


そこからテクテクと20分ほど歩きます。


あれもこれも詰め込みたい旅だったら
私も断念したかもしれません。

そう考えると
なんて贅沢なんだぁ~と思いながら

e0289377_10175466.jpg

こんなのどかな道を歩いていると、、、



e0289377_10195879.jpg


e0289377_10184853.jpg

仁王門が見えてきました。



時代を感じさせるも当然のことながら、
この門は平安時代に建てられ、
応仁の乱から唯一焼失を免れた
勝持寺最古の建造物だそうです。



風情ある参道を行くと
(参道はまだ紅葉には早かったけれど、
時期を迎えるとさぞ美しい事と思われます。)

e0289377_15442960.jpg

e0289377_10211260.jpg

お寺の入り口、南門が見えてきました。



ひっそりと
奥ゆかしくて
厳かで。


e0289377_10215809.jpg


e0289377_16012603.jpg


e0289377_16021572.jpg



ほぉーー、
と思わずため息が溢れました。

e0289377_14454846.jpg

ご本堂を参拝させて頂いた後、
境内でゆっくりとした時間を過ごさせて頂きました。


心静かに、とはこういう事ですね。


平日とは言え
秋の京都にこんな人影まばらなお寺があったなんて、、、



まだ色づき始めたばかりのもみじ。
e0289377_10524318.jpg


ほどよく紅葉したもみじ。
e0289377_10533314.jpg




鐘楼堂近くに座ってじっと境内を眺めていたら、
どこか遠い時代へタイムスリップしてしまったような
不思議な気持ちになりました。


e0289377_10543629.jpg

本当に素敵なお寺でした。



ドライバーさんの
取っておきの場所。


こっそり教えて頂いたから
ブログに公開するのもどうかしら。。。
と一度は思ったけれど、

考えてみた所で私なんかのブログに何の力もないので
堂々と幸せのお裾分けさせて頂きます 笑



朝早くに出発したもので、
ちょうどこの時点でお昼の時間。



勝持寺に向かう途中にあった
大原野神社の敷地内に茶屋を発見。

e0289377_16195500.jpg


食事前だと言うのに草だんご。
美味しかった~。


ちなみに画像の葉っぱ、
小道具のようですが偶然ヒラリと落ちてきました ^ ^
どこまでも風情があるわ 笑


当初食事は東向日に戻ってからと考えていたのですが、
茶屋のお隣に今度はお蕎麦屋さんを発見。


それもすごーく素敵な。

e0289377_16373989.jpg

素通り出来ないほど素敵だったので
迷わず入ってみることに。


内装やテーブル・椅子、
花器やそこに生けられた草花、
もちろん器にも
それぞれこだわりが感じられて
とてもいい雰囲気でした。


肝心のお蕎麦の味も
京都ならではの上品な味でとっても美味しかった。


帰り際に伺ったところ、
オープンしてこの日でちょうど2ヶ月との事。

嬉しそうにお話されるその笑顔が
なんとも希望に満ちていて、
聞いているこちらまで
とても幸せな気持ちになりました ^ ^


夜は予約制で、
たったの一組でも開けて頂けるそう。


お酒を飲みながらごゆっくり ^ ^
ですって。
どこまでも素敵。



勝持寺、
今度は是非桜の季節に行ってみたいなぁ
と思っています。






さて
続きましてその4日後。


テレビや新聞で京都の紅葉が
盛んに紹介されるようになってきました。

紹介、と言うより
取り扱われる?


紅葉の名所という名所が大混雑!という
例年のアレです。


ゴクリ…(゚A゚;)

いよいよハイシーズン到来で
緊張感増します 笑



とにもかくにも私の大本命。

「秋はもみじの永観堂」
の永観堂に行きたい!!


正直どこが一番いいかなんて
結局自分にしかわからないんですよね…

人気ランキングとか本もネットも
たっくさん見ましたが、どれもまちまち。

ただ上位に必ず入ってくるのが
永観堂と、更にこの翌週行く事となる東福寺。


永観堂は
昨年ひょんな事からお話させて頂いた
飲みの席でたまたまお隣に座っていらっしゃった
見知らぬ女性が、

京都の紅葉観に行くなら
ぜっったいに永観堂!!とおっしゃったのが
あまりにも力強かったもので。

それだけの理由です 笑


だって京都で暮らしている知人に聞いても
これだけ力強く明言される方って
そうそういらっしゃらないから。


だいたいの方は
京都はどこに行っても綺麗!
とおっしゃいます。

又は2、3ヵ所同時に教えて下さる方が多くて、
その気持ち私も今年よーくわかりました。
確かにどこもみーんな綺麗。


でもその方は言い切っていたんですよねぇ。


これはよっぽどの事だ…
と思いました 笑


だから
もしお天気のタイミングが合わなくて、
一番のハイシーズンに
どこか一ヶ所だけのチャンスしかなかったら

永観堂!!と
去年からずぅーっと決めてました ^ ^



当日のお天気、まずまずの晴天。

拝観時間の1時間前に到着するという意気込みで
向かいました(`∀´)


昨年一度拝観させて頂いた
南禅寺が行く道の途中にありますので、
少しだけ寄り道して紅葉を観せて頂きました。

e0289377_18301752.jpg

e0289377_18305932.jpg

e0289377_18314506.jpg

大分色づいていますが
ピークはまだこれからのようです。




さて
永観堂はと言いますと…

e0289377_18325173.jpg

e0289377_18343146.jpg

e0289377_18351409.jpg


開門1時間前ですが、
既に待っている人がチラホラ。

想像よりは少なくて私たちの前には
4~5組ほどだったと思います。


しばらくして4列に並ぶように言われまして、
ふと後ろを振り返ると
もう何人の方が列を作っているのか
全く確認できないほどに。

時間の30分前くらいだったでしょうか。


1時間待つのは厳しいけど
30分ならいける!という方が多い模様 笑


余談ですが、
大阪に移り住んでわりと早い段階で気づいた
関西と関東の言葉の違い。
一応順番に気遣ってます 笑


「大丈夫です」

「行ける?」

「あ、はい行けます」


これね ^ ^


大丈夫って言う言い方あまりしないですよね。


ほんとは
ナチュラルな「なんでやねん」とか
言ってみたいですが、
絶対不自然だ(-_-)と思うと口に出来ません。

でも
「いける」は比較的難易度が低いので
たまーに使ってみてますよ 笑




そんな私が1時間待ちでもいける!と思った
永観堂の紅葉がコチラ。



e0289377_19112586.jpg


e0289377_09100992.jpg


e0289377_19130354.jpg


e0289377_19195651.jpg

e0289377_19212223.jpg

e0289377_19230894.jpg

e0289377_19241230.jpg

e0289377_19383296.jpg

e0289377_19391874.jpg


2時間以上滞在していましたが、
その間何回「きれい~」と言ったか
わかりませんが、
間違いなく短時間でキレイという言葉を連発した
最高記録に違いありません!


もうそれしか出てこない。

ほんとーーうに綺麗でした( ;∀;)



写真も何枚撮っただろう、、、

どこを観ても絵になるというか、
もう全部全部ぜーんぶ撮りたい!…みたいな 笑


最後は
写真撮らずにゆっくりもう一周して
この目に焼きつけよう!

という事になり、
記念にもみじの落ち葉を拾ったりしながら
念願の秋の永観堂をたっぷり満喫してきました(*´艸`)



早くから並んだ甲斐はあったのか?

次々と人が流れて来るので
ほんの一瞬なんですよね。

でも最初に目にしたあの景観は
絶対に忘れないと思う。


並んだ甲斐
私にとってはありました ^ ^



これは後に知ったことですが、
今年の永観堂の紅葉は
近年まれに見る美しさだったそうです。




さあ、そしていい具合に
またお昼時を迎える訳ですが、、、


京都と言えば
そして南禅寺と言えばもう湯豆腐ですよね ^ ^


ここはもう
南禅寺湯豆腐の発祥と言われている
奥丹に行くしかありません。

e0289377_20070357.jpg

e0289377_20074784.jpg

ただこの季節。
皆さん同じこと考えてますよね~。


まだ11時半頃でしたが既に長蛇の列(T_T)


おそらく30分位で順番がまわってくるのでは…
との事だったので、

30分ならいける!と 笑



待っている間
問い合わせの電話がバンバンかかってきていて、
「この時期は予約は受けていないんですよ」
「この時間でも既に結構並ばれてます」とか
対応に追われている様子。


店の前を通り過ぎたおじさま達は
「こんなに待ってたら昼飯が夕飯に
なっちゃうよー」って。

つい笑ってしまった 笑



さすが行列のできる店だけあって、
予想も的中。

お店の方のおっしゃる通り
30分経たない内に案内して頂けました。


お座敷の2階に通して頂きましたが、
敷地内には小さな日本庭園もあって
なかなかいい雰囲気。


ランチは一律のメニューになっていて、
コチラが「ゆどうふ一通り」というそのセット内容。

e0289377_20393716.jpg

メインの湯豆腐の他
ごま豆腐、木ノ芽田楽、とろろ汁、
精進天ぷらなどがついてきます。


湯豆腐はもちろん美味しかったですが、
私は木ノ芽田楽が特に気に入りました。

とっても美味しかったですよ ^ ^



食事が終わって外に出てみると
行列が更に長くなっていました。

夕飯とは言わないけれど
かなりお腹空いてしまうのではないかしら…


その点でも
早起きして一番で拝観した甲斐があったかも?


あ、
早起きして朝ごはん食べて行かなかった私たち、
永観堂でお団子食べた事も記録しておきます 笑

e0289377_21162510.jpg

みたらし団子と甘酒です。

永観堂の紅葉を眺めながらのお団子、
サイコーでした ^ ^




お昼を食べたあとは
すかさず東寺へ。

e0289377_21203209.jpg

毎月21日に開催される
弘法市に行ってきました。

東寺の縁日です。


その名の通り
弘法大師 空海さんの月命日である
毎月21日に行われているそうです。


露天の数が1000店以上というから驚き!

なんと百万遍さんの倍以上です。


食品、植木に
骨董、古着、、、などなど。


中には手作りの作家さんも出展されていて、
いつも百万遍さんでお世話になっている方にも
偶然お会いする事ができました。



話には聞いていましたが
実際に見せて頂くのは初めてのことで
とても楽しかった~♪


私の知っている限りでは
世田谷のボロ市に
雰囲気が似ているような気がします。


今月は終い弘法と言って
お正月用品なども出され、
一際賑やかなのだとか。


この日は行ったのが午後になってしまったので
早くも店じまいしている露天もありましたが、

朝早くに行くと又違った
活気のある雰囲気を楽しめそう ^ ^


また機会があったら是非行ってみたいな
と思いました。




ずいぶん長くなってしまいましたが、
実は今年の紅葉めぐり
まだまだ続きます( ̄∀ ̄)


ご覧の通りがま口とは一切関係ありませんが、
飽きずに

読んであげてもいいよ

という方がいらっしゃいましたら
後編へとつづく、、、笑











END


































[PR]
by courtfield | 2017-12-03 23:21 | 日常 | Comments(0)
広島の旅
長い間行ってみたいと
思っていた広島。


東京から行くよりずっと近くなったので、
遅い夏休みを利用して
2泊3日で旅行に行ってきました。


出発の日と翌日2日目が
季節外れの夏日となりましたが、

長雨の中休みに
スポッと収まってくれたお陰で

恵まれたお天気の中
旅を楽しむことが出来ました。



初日
まず最初に向かったのが
平和記念公園。


原爆ドームと資料館を
見学して来ました。


遠い昔、
高校の修学旅行で九州に行った時に
長崎で感じた思いと
この歳になって感じる事。

胸に突き刺さって辛いけど、
やはり行くべき場所だったと思います。


原爆ドームを「見学」という言葉で表現できる
今のこの時代に生きていること、

もっと重く受けとめなければ
いけないと思いました。


改めて
世界の平和を祈ります。


e0289377_09132238.jpg

e0289377_09101755.jpg

e0289377_09114873.jpg




午後はフェリーで宮島へ。

e0289377_06113984.jpg

e0289377_06124517.jpg



たくさんの鹿が出迎えてくれました ^ ^

e0289377_06101901.jpg



世界遺産 厳島神社

e0289377_06153750.jpg

e0289377_06163686.jpg


美しい五重塔

e0289377_09470317.jpg



遅いお昼に
名物のあなごめしを食べました。

e0289377_16582596.jpg



やがて干潮を迎え
足元の見えた大鳥居が夕焼けに染まり、
ため息が出るほど美しい光景でした。

e0289377_08041968.jpg



夜は広島市内の宿泊先に戻る前に
行ってきました~。
e0289377_09595398.jpg
広島風お好み焼き ^ ^


「風」は余計かな??

大阪に暮らしている身としては
感想言うのも何となく緊張感がありますが、、、


ハッキリ言って美味しい!
広島のお好み焼き ゛も〝 美味しかったです! フゥー


広島名物の牡蠣も食べましたよ~。


宮島のあなごめしも
お好み焼きも、

仕事で広島に数年暮らしていた友人に
(←なんと世界的に有名なパティシエを兄弟に持つ)

事前に美味しい所を紹介してもらっていたので
間違いありませんでした(^q^)




翌日は朝イチで尾道へ。



石畳の情緒豊かな坂道を歩き、

e0289377_08460789.jpg

e0289377_08473265.jpg

振り返ると
美しい瀬戸内海の風景が見られる
スポットがあちこちに。
e0289377_08481180.jpg



猫の町としても有名な尾道ですが、
猫の細道と呼ばれる路地を歩けば…

e0289377_08490291.jpg

e0289377_08562089.jpg

たくさんのニャンコに遭遇。

e0289377_08494599.jpg

はまっとります ^ ^



ロープウェイで登った
千光寺山の山頂から見た景色。

e0289377_09184050.jpg

e0289377_09192148.jpg

向島をはじめとした
しまなみ海道の島々を見渡す事が出来ます。




下山したあとで
ロープウェイ山ろく駅近くの
艮神社を参拝しました。


境内で
映画「時をかける少女」などの
ロケが行われた事でも知られるそうですが、

御神木である楠は推定樹齢
なんと900年。


e0289377_09313765.jpg

e0289377_09325860.jpg

言い知れぬパワーを感じました。




尾道は風情があり、
暮らしてみたいと思えるほど
本当に素敵なところでした。



雰囲気のよいお店もたくさん。

e0289377_09422044.jpg

e0289377_09425920.jpg



お決まりの尾道ラーメンを食べた後
向かったのが、、、


e0289377_09461858.jpg

e0289377_09470953.jpg

因島です。



この小さな島の小さなホテルに宿泊して、
翌日までひたすら
のーんびりと過ごして来ました。


e0289377_09495451.jpg

e0289377_09505462.jpg




ホテルのデッキから見た
夕焼け空の移り変わり。

e0289377_17071901.jpg

e0289377_17075780.jpg

e0289377_17081918.jpg

e0289377_17084553.jpg


こんなにゆっくりとした旅は
何年ぶりだろう。


広島の方々の温かいお人柄に触れ、
心身共に癒された3日間でした。


今年観た映画
「この世界の片隅に」の舞台、
呉にも次回は是非行ってみたい。


初めて訪れた広島、
大好きになりました。















END



[PR]
by courtfield | 2017-10-25 10:20 | 日常 | Comments(0)
まだまだ観光気分です
先日
東京から友人が遊びに来てくれました。



旅のテーマは
「ゆったりと大阪の雰囲気を味わう」

なぜか私が決めました ^ ^




事前に電話でいろいろ話した中で
友人には行きたい場所の希望がほとんどなくて、

とにかく大阪でどんな生活をしているのか
ゆっくり会いたい、と。




ひとつだけ希望を言うなら
大阪の神様にご挨拶してから観光したい(おぉ!)
と言うもので、

住んでいると言ってもまだ右も左もわからない
私なりにプランを立ててみました。




そして今回も事前に下見に行き、
予約すべき所はバッチリ予約をして
当日の朝を迎える(*´艸`)



お天気が微妙だったので随分心配していましたが、
当日は朝から最高のお天気。



新大阪までお迎えに行ったあと
向かったのが


e0289377_18562348.jpg

e0289377_18570805.jpg

大阪天満宮です。



曇りか雨か…と心配していたお天気が
こんな青空になるなんて、、、

唯一の希望が
神様にご挨拶と言うだけの事あって
さぞ日頃の行いがいいのだと思う!


暑くもなく、寒くもなく、
本当に気持ちのよいお天気でした。



大阪天満宮は
天神祭の時に一度訪れた事がありましたが
その時は境内に入る事が禁止されていて、

私も今回初めて参拝させて頂きました。



ランチは大阪らしくお好み焼き!と
決めていたので、

天満に何度も通って発掘しておいた
お好み焼き屋さんに行きました。


私も
昔はじめて大阪を訪れた時に食べた
お好み焼きの味は未だに忘れられませんが、

友人も今回
初大阪での初お好み焼きに

感動( ;∀;)しておりました。



と言うものの
まだ一緒になって感動してしまうレベルなんですが、

でしょでしょ!(`∀´)
と自慢気になっている自分がいたりもします。



ゆっくりと一日で
大阪の雰囲気が味わえる所ってどこだろう…?
と考えて思いついたのが、

水の都大阪らしく観光船!


座っているだけで案内して頂けるので
ゆっくりだし 笑


調べたらいろいろあって悩みましたが、
大阪の雰囲気という点で
一番理想的だと思い決めたのが



その名も

e0289377_19472002.jpg

落語家と行く
なにわ探検クルーズ(`∀´)



これ実は私がすごい楽しみにしていまして、
友人には「船に乗る」とだけ伝えて

どんな船なのかは
当日までヒミツにしていました。



このクルーズ船のことがあるので
なおさら晴れる事を願っていた訳ですが、

e0289377_20054609.jpg


友人の恩恵を受けて
この通りの景色を眺める事が出来ました。



私たちの船を案内して下さったのは
桂ひろばさん。

e0289377_20091731.jpg


この至近距離 ^ ^



事前に決められていた座席が
最前列だったんです。



他に団体の方がいらっしゃって
ほぼ満席。

案内して下さる側もトークに熱が入って
それはそれは楽しい90分間でした。



大阪クイズとか、
はい!はーい!!ヾ(・∀・)
って、つい率先して答えてしまいましたが、



観光に来たの私じゃなかった(・・;)




e0289377_20222381.jpg

こちらは別のコースを行く船ですが、
こんな感じの船に乗りました。





私たちのコースの最後は最も大阪らしい
道頓堀川。



グリコの看板をこんなに近くで
見るなんて初めてでした 笑
e0289377_20161818.jpg


道中面白い事が盛りだくさんでしたが、
ネタバレしないようにこの辺で ^ ^



桜の季節には
大川まで30分コースを延長した
特別クルーズも運航され、大人気なのだとか。


夜景の見れるナイトクルーズもあったり、

別の観光船では
水陸両用やjazzの演奏を聴きながら…など
趣向を凝らした船がたくさんあって、

いろいろ乗ってみたい!と
思ってしまうほど楽しかったです♪





さて
夜ご飯はどこにしようか、、、(・ω・)

ここが一番悩んだところ。



そして
お寿司屋さんを予約。



と言うのも
友人の話の中に東京ではなかなか食べられない
鱧、というキーワードが出てきまして…


実は私
大阪に来て初めて鱧を食べました。


それも
夏に別の友人が東京から遊びに来た時に
お寿司屋さんの握りで、、、


でも鱧というと夏のイメージがあったので、
自宅近くのお寿司屋さんに行って聞いてみた所

9月の鱧は脂がのっていて
美味しいと教えて頂きました。


東京からお客さまが来るんです ^ ^
と言ったら

すっごく張り切って
一品料理で準備して下さると言うので
お任せする事にしました。


江戸前とは又違った大阪のお寿司も
食べてもらいたかったのに、

鱧をガッツリ食べたほか
海鮮盛りや天ぷらで
お腹が一杯になってしまった友人は、
可哀想に
なんとお寿司が一貫も食べられませんでした 笑




翌日は京都の上賀茂神社と東寺を
まわってから帰るという事で、
一人旅 ^ ^
と前日まで張り切っていました。



翌朝
新大阪まで見送りに行ったのですが、
別れ際に一瞬見せた不安そうな顔が
脳裏に焼きついてしまいまして、、、(・・;)



でも
ついて来てと言われた訳ではないし、
一人旅の邪魔するのもどうなんだろう…

でも
すごく心配…どうしよう…


と新大阪の駅周辺を行ったり来たりしながら
悩むこと2時間。



よし、とりあえず
邪魔しない程度に近づこう!

と決心して
ナイショで私も京都に向かいました。



「順調?」とか
「大丈夫?今どの辺?」とか
様子を探りつつ

私は私でお昼食べたりしながら
京都駅周辺で待機していたんです(*´艸`)



そろそろ東京に戻ると連絡が来たので
サプライズで登場したら


友人の目が点に(°Д°)



なんで京都にいるの???と 笑



改めて京都が
ちょっとそこまで…の距離だと実感。



一緒にまわれば良かったのにー!
とか色々言っておりましたが 笑


お茶しながら
京都での話を聞いたりして過ごし、

友人は予定より2時間以上も遅れて
東京に戻って行きました~(^∀^;)



友人が来ると
私もまだ知らなかった大阪の事を
たくさん発見できる気がします。


いつか、
以前大阪に住んでいた事があるから
多少は案内できるよ ^ ^
って言えるくらいになってから
東京に戻れたらいいなと思います。



でも、どうか
とーーぶん先でありますように。。。


|ω・)ノ










END













[PR]
by courtfield | 2017-10-02 22:58 | 日常 | Comments(0)
東京そして茨城へ
先週
お彼岸の入りに合わせて東京へ戻り
お墓参りをしてきました。


今年に入って7回目の東京行き。



1~2ヶ月に1度も戻っていると
久しぶりだなぁ~と
感慨にふける事など全くありません(・ω・)



ただ到着が
朝の通勤ラッシュの時間帯に重なったりすると
あまりの人の多さに驚く事があり、

エスカレーターも
いつの間にか左に立つ事の方を
意識的に行っている自分に気付くと、

慣れっていうものはすごいな…(・・;)
と感じる事があります。



大概は日帰りで
ギュウギュウに予定を入れて行くので
とにかく疲れます。


今まで
旅先で時間を有効に使う事を考えても、

東京での時間をこんなにも割りふって
使わなければならなかった事がないので、
そこはとても違和感があります。


一日で出来ることってこれだけなんだ…と
行く度に考えています。



やりたい事も
会いたい人もたくさんいますが

一番の目的の大事な用と
ついでに行っておきたい所へ1~2ヵ所行くと
もうそろそろ帰る時間。


少しの空き間をみつけて
あとひとつくらい何か用事入れられるかな??
とやっていると、

夜遅く大阪に着く頃には
ヘトヘトに疲れてしまって、、、



今回も
はじめはそんな予定だったのですが、

せっかく東京まで行くのだから
もう少し足を延ばして
茨城に住む友人に会いに行こう!

と思い立ち
帰りの新幹線を翌日に変更して
急きょ水戸に一泊することにしました。



ずっと心に引っ掛かっていたのです。


会いに行くからと言って
数年間そのままになっていた友人との約束。



そうと決めたら
しばらく会えていなかった
あの友人にも会えるかな…とか

歯医者さんにも行っておきたいけれど
もうそこはいいか、キャンセル!笑…とか

スケジュールを練り直し、
2日間の関東を全力で満喫して来ました~(*´艸`)



初日はお参りのあと、
生地屋さんや美容院などの用事を済ませ
夕方から友人と再会 ^ ^


その方がギリギリまでおしゃべり出来るからと
私の移動場所まで会いに来てくれたYちゃん。



早目の夕食に付き合ってもらったのが

e0289377_09415382.jpg

お粥 ^ ^


いろいろなトッピングがついていて、
こんなの女性は好きですよね~。


って、
そう言う私たちも軽くはしゃぐ ^ ^



お仕事頑張ってる旦那さまも、
お家でお留守番してくれているワンちゃんもいるし、
彼女も大切なお休みの日。


この歳になると自分の都合で
会える?なんて誘ってしまって悪いな…と
不安に思うのだけれど、

いつも笑顔を返してくれる
心のあったかい友だちです。


本当にギリギリまでお茶に付き合ってもらい、

最後は駅のホームで
「楽しんできてね~!」って
手を振って見送ってくれました。





さてその日、
私は初めて常磐線というものに乗りました。


水戸へはむかし一度だけ行ったことがあるのですが
その時は車だったもので。



つくづく世間知らずだと思いますが…

でも
初めてって新鮮です。



新幹線より座席が広々していることに感動したり、
思いのほか揺れが激しいことに動揺したり 笑



Yちゃんとお別れした時は
すごく遠い所まで行くような気がしていたけれど、
乗ってしまえばあっという間。


当たり前ですが
大阪に戻るよりずっと近いんですよね ^ ^





e0289377_09283026.jpg

翌朝はいいお天気。



宿泊したホテルの前で友人と待ち合わせ、
念願の再会を果たして感無量でした( ;∀;)



電話で話したりもしていたので
そんなに長く会っていなかったという気も
しませんでしたが、

約3年ぶりに会うことが出来て
本当に嬉しかった。




e0289377_10234947.jpg

駅前に巨大な水戸納豆が!


スーパーの納豆コーナーが
とってもコンパクトな大阪の皆さーん、

見て見て~ 笑




この日
私が茨城にいる間中めーいっぱい
一緒に過ごしてくれるために
スケジュールを組んでくれていたSさん。



忙しい日々の中でいつも頑張っていて、

自分より人の幸せを願うような
心の優しい友だちです。



お庭のハーブを摘んでブレンドし
ハーブティーを作ってきてくれたのですが、

これが驚愕の美味しさで
感動( ;∀;)


ウェルカムドリンク…なんて
自分で言うのも変ですが

ようこそ ^ ^ って
歓迎してくれている感じがして
とっても嬉しかったな。

愛情たっぷりでステキです(*´艸`)




朝から早速のおしゃべり大会をスタートさせまして、

話したい事がたまっていた分
もう止まらない止まらない 笑



すごい勢いで時間が過ぎて行く中

e0289377_19260707.jpg

ランチは素敵なお店で
豪華なお料理をご馳走になってしまいましたm(_ _)m

とっても美味しかった~!



もちろん
こちらのお店でも話は止まらず。


多分自宅だったら夜…翌朝…?まで
しゃべり続けるのではないかと 笑



やきものの街
笠間を案内してもらって
気に入った器をお土産に購入し、

最後は
「海のふた」さんという
ものすごーくステキな隠れ家カフェに
連れていってもらいました!


e0289377_19493219.jpg

e0289377_07581047.jpg

e0289377_07583233.jpg


こちらでは、、、


e0289377_19581547.jpg

マロンパフェまでご馳走になってしまいましたm(_ _)m

自家製の栗を使われているそうで、
それはそれは美味しかった!



それなのにぃー(T0T)

時間がなくて
一気食いさせてしまったんです。


こんなに美味しいものをー(T0T)



友よ、ごめんなさい。

海のふたさん、ごめんなさい。



ここから水戸の駅に戻るのに
車で1時間はかかるって言われていたのに、

ある事をやめなかった私( ̄ー ̄)



ある事と言うのは、、、
実はこの「海のふた」さん

先月
ギャラリー「一期一会」に観に行かせて頂いた
don cajonさんの作品が置いてあるカフェなのです。


その作品たちを
観る事をやめられなかった、、、( ̄ー ̄)



私が先月観せて頂いた個展は

巡回展として11月には茨城県笠間の
この「海のふた」さんでも開催されます。


donさんの存在も
巡回展の事も
海のふたさんの事も

私に教えてくれたのはみんなこの友人。



こんなに早く二人で海のふたさんで
ゆっくりお茶できる日が来るなんて夢みたい~

って書きたかったのに(T0T)



車飛ばすからしっかりつかまってて!
なんて言わせてしまった横で、
のらりくらりと雲の写真なんて撮ってる私って
どうなんでしょう…


こうして振り返ると
ほんとに自分が怖いわ(´д`)



自業自得で
帰りの電車に乗り遅れました( ̄∀ ̄)



そこで何を思ったか。


こんな事なら
もっとゆっくりマロンパフェ
食べればよかったなぁ~~。



e0289377_20442901.jpg

黄門さま
今度はもっともっとゆっくり遊びに来ますね。



あぁーーー楽しい2日間だった ^ ^


Yちゃん、Sさん、
本当にありがとう!



今日は東京からまた一人
友人が遊びに来ます ^ ^



気軽に誘える距離ではないけれど、
良かったら今度二人も大阪に遊びに来てね。

待ってまーすヾ(・∀・)ノ















END

























[PR]
by courtfield | 2017-09-26 08:00 | 日常 | Comments(0)
ボブ観てきました
目が合うと
口に運べなくなってしまうほどかわいい
ビスケットを頂きました ^ ^


e0289377_12295467.jpg

イギリスの
シュルーズベリーという地域で生まれたので、

シュルーズベリービスケット
って言われているそうです。



毎年欠かさず旅するほど
大好きだったイギリスですが、

もう2年以上思い出すことも、
また行きたいなと思うこともなく、

それだけ
日々の生活を送ることに必死だったんだと

最近ようやく我にかえったように
気づき始めました。




昨日
このビスケットを眺めたあと
(可愛くて結局食べられなかった 笑)

リベンジ果たしてきました。


e0289377_13542644.jpg

イギリスのロンドンが舞台の映画
「ボブという名の猫」 ^ ^




感想は


私などがわざわざ
レビュー書くまでもないので一言だけ。



とても良かったーー!!




これが実話だなんて、
動物と人間との間にある目には見えない
不思議な力を感じずにはいられません。

本当にいい映画だと思いました。




私の大好きな
コベントガーデンでのシーンから始まるのですが、

もう自分が
その場にいるかのように感じてしまって、

懐かしくて切なくて…


馴染みのある場所が次々と出てくるので
余計に映画の中に入り込んでしまい、

観終った時には

ロンドン行きたい(T_T)

と久しぶりに思ってしまいました。




前回の事があるので
事前にネットで予約して行ったのですが、

やはりあの日は映画の日で特別だったのか

昨日は前方の頭数もわりと少なく、
ゆったりと観賞できました。



ただ
パンフレットはまだ入荷していなくて
購入することが出来ませんでした(;_;)


いつもはほとんど買わないパンフレットですが、
この映画はちょっと特別。


実際の
ボブ(猫)&ジェームズ(飼い主)の事に加えて

ロンドン市内での撮影の様子が載っているのでは…
と思っているからなのです。


入荷日未定らしいので、
また覗きに行ってみることにします ^ ^



もう一度観ちゃおうかな(*´艸`)













END












[PR]
by courtfield | 2017-09-06 16:10 | 日常 | Comments(0)
2日間だけのまちあわせ展
先週末、南扇町のギャラリー
「一期一会」で開催された

don cajonさんの個展
~「さようなら」をした そのときから もう
「まちあわせ」は はじまっている ~

に行ってきました。



don cajonさんを知ったきっかけは、
友人から贈って頂いた一冊の本。



先月の終わりにも
その時の事に触れていますが

e0289377_20413692.jpg

友人からのプレゼント、
この「WISHくん」という本の作者が
don cajonさんです。



本の内容は、
愛に溢れた画集。




例えば表紙になっているこの絵、
実際には

「虹の航海」

という詩が添えられています。




ある日ある所で、

「大切な人の大切な人達が
すこやかな人生を送れますように」

願った誰かがいました。



その願いを受けて
don cajonさんが描かれたのが
この表紙になっている
虹の海を航海している絵。




本の中には
たくさんの人の
様々な願い事をもとにした絵がつまっていて、


それは




「一日一日が楽しい日になりますように」


「ずっとずっと家族みんな
なかよく暮らしていけますように」


「お父さんとお母さんがいつまでも
元気で健康で幸せで笑顔でいられますように」


という
誰もが願うことから




「はやおきできますように」


「おそうじが上手になりますように」


「やせたい」



という
日常のささやかな願いや





「えがじょうずになりますように」


「だいくになって大きなおうちをたてる」


「ウルトラマンになりたい」



という
将来の夢の願い、





「世界中の猫達がしあわせでありますように」


「すべての子どもたちに
たっぷりの水とおひさまとどろんこを!」


「みんな仲良く」



といった
壮大な願いまで。。。




願えば叶う夢もたくさんあるけれど

中には
どんなに願っても努力をしても

どうにもならない夢もあります。



例えば

「空の上にいる家族にもう一度会いたい」

という願いのように。



でも
don cajonさんは
それらの願いを絵筆一本で
希望にかえてくれる。。。



どんな風に。。。
って
ちょっと見てみたくなりませんか ^ ^




そんな活動を通じて
描き続けていらっしゃる絵の中から
数点をまとめたものが
この「WISHくん」という本です。


贈って頂いたのはvol.13


もう10年以上も
人々の願いを絵にしているそうで、

昨年は募集期間2ヶ月で
1279通のお願い事が集まったそうです。




最初にこの本が友人から送られてきた時、
内容欄に「本」と書かれていたのを見て


私が本好きだから?(((o(*゚∀゚*)o)))


どんなオススメの本を下さったのか
ウキウキしてしまって 笑



開けてみると
このキレイな絵の表紙が出てきて、

下の方に小さく

「あなたのお願い事
絵や詩にします」

って書いてあり…



ページを開くと
どの絵もどの絵も本当に素晴らしくて、

お願い事に対する解釈の仕方が
愛に溢れていることに


わたし
心の底から感動してしまいまして(´;ω;`)




本好きだからという事ではなくて、

この本を共感しあえる相手として
選んで下さったのかな。。。

それと

私が時々とても落ち込むことがあるので
元気が出るおまじないかな。。。と

とても嬉しく思い、
感謝の気持ちでいっぱいになりました。




更に
そんなdon cajonさんの巡回展が
8月26日(土)~27日(日)の2日間、

大阪で開催されるという事まで
教えて頂きまして、

もう何がなんでも観せて頂きたい!と
この日が来るのを待ち望んでいました。





e0289377_12100189.jpg

初めて伺ったギャラリー「一期一会」は
隠れ家的なビルの2階にある
温かみのある素朴な空間で、

私のイメージする
don cajonさんにピッタリ。




ギャラリーは
作品が展示してある会場と、

書籍や雑貨など物販のための会場と
2フロアーに分かれていました。




e0289377_13063154.jpg


e0289377_13081955.jpg


e0289377_13120793.jpg


e0289377_13131102.jpg



e0289377_13153079.jpg


これら画像はほんの一部ですが、
お許しを頂いて掲載しておりますm(_ _)m




今回は全て
「まちあわせ」をテーマに描かれたそうです。



どの作品も本当に素敵で、
いつまでも観ていたくなるものばかり。



当日はdon cajonさんご本人が
在廊されていましたので、

緊張しながらも
色々とお話を伺うことができ、

そのお人柄に
私に本をプレゼントして下さった友人と
よく似たものを感じ、

非常に感慨深いものがありました。




この日は2日目の最終日でしたが、
伺ってみて初めて
作品を購入させて頂けるという事を知りました。



一部非売の他、
既に行き先の決まっている作品がいくつも。



何度も言うようですが、
本当にどの作品も素敵で、

ただその中でも
私が特に惹かれた作品があり

これもご縁か
その作品にはまだ売約済みの印が
ついていませんでした。




ぜひ自宅に飾らせて頂きたい(>_<)
と思い

donさんにお願いに上がると、


「うん。これ、いいですね。」

ってご本人も ^ ^





私がその絵を観て感じたのは
大切な人との心のつながり。




それは
すぐ近くにいてくれる誰かかもしれないし、


会いたいけれど
会うことのできない

空の上にいる誰かかもしれない。





どこにいるかが問題じゃないんだ

心がつながっていたら
雲を飛び越えることだってできるよ



って

その絵は言っているように感じました。









みなさんのお願い事は
なんですか ^ ^










e0289377_14010660.jpg












END



[PR]
by courtfield | 2017-08-29 16:43 | 日常 | Comments(0)
その後のいろいろ
阿波おどりレポの後
ご無沙汰してしまいました。



前回、
阿波おどり鑑賞中に
チョウチョが頭をかすめて行った…という
出来事を投稿した直後のこと。


正確に言ったら
ブログの更新中に宅配便が届いて、

投稿後すぐにその荷物を開けてみたら。。。






e0289377_11075407.jpg

チョウチョ柄のお湯のみが出てきました。





夏休みを利用して
遊びに来てくれた友人が、

翌日は京都に寄って
お気に入りの陶芸家さんの工房を
特別に見せて頂けるお約束を頂いた♪と
楽しみにしていたのは知っていましたが、

まさか我が家にステキな器が届くなんて
夢にも思っていなかったのでビックリ。


更にその器のひとつに
チョウチョの柄をみつけたので、
2度ビックリ。


友人には
まだ阿波おどりの報告はしていなかったのに、、、




蝶々の伝説って信じますか?



私は子供の頃から周りの大人たちに
よく聞かされていた事もあって、
思いっきり信じている派(・ω・)



なので、とても嬉しかったです。





e0289377_11345044.jpg

これはある日の朝、
植物に水をあげているとき遊びに来た
アゲハチョウ ^ ^


ずいぶん長いこと近くにいたので
私もいつまでもずーーっと見上げていたら、

顔面に思いきり日光を浴びて
ピリピリするほど日焼けをしました(´∀`;)



今年の夏は
日焼け対策にうっかりする事が多くて
(ズボラともいう)

どんどん黒くなってきています(>_<)




先日ヤンマースタジアム長居に
ラグビートップリーグの試合観戦に行って来ました。


その時も
ナイターだから、、と甘くみていたら


e0289377_12161208.jpg

着いた時にはまだこの状態。



屋根がついているスタンドだったので
ホッとしましたが、

もし屋根がなかったら、、、



思い出すのは昨年の夏、
甲子園球場で観戦した初めての高校野球。


あの時はしっかり日焼け止めを
塗っていったのに

サンダル履いた足が火傷するほど
暑くて暑くて(;>_<;)



あの炎天下でプレーしている選手はもちろん、
スタンドで応援している高校生たちもスゴイ!!
とつくづく思いました。



そんな高校野球、
今年の夏は22日に行われた
準決勝を観戦する予定だったのですが、、、



その数日前から
じんわりと痛かった歯が
前日あたりから本格的に痛くなってきて、

楽しみにしていたけれど
あえなく断念(ToT)



今でも東京の歯科医に行っている事は
以前にもブログで書きましたが、

どうやら前回診て頂いた所と
同じ歯が痛いようで、、、


ここ何年も
ひどい虫歯になんてなったことが
なかっただけに


なぜ今なのだー(ToT)

ほっぺた押さえつつ耐えること3日。



限界がきて一昨日ついに
歯医者さん、行ってきました。


東京まで往復5時間。



治療のあと
近くの知人宅でしばらく休ませてもらい
(布団の準備までしてくれていた 笑)

何とか無事に大阪まで戻ってきましたが、


今までで一番遠く感じた東京でした(T_T)




今も
ほっぺた腫れてます(T_T)




ダメージが大きすぎて
イマイチ立ち直りに欠けますが、

明日は友人から紹介して頂いたクリエイターさんの
個展を観に行く大事な日。



ものすごーく楽しみにしていた日なので
明日に備えて体力温存させようと、

今日は一日何もせず、
じっとソファーに座っていました(-_-)



ほっぺた
早く元に戻りますように、、、涙










END

































[PR]
by courtfield | 2017-08-26 23:02 | 日常 | Comments(0)
徳島の阿波おどりに行ってきました
お盆休み真っ只中の一昨日、
徳島の阿波おどりを観に
日帰り旅行に行ってきました。



私はこれまで四国に行ったことが
一度もなかったのですが

大阪からだったら日帰りも出来ると知り、

それならば
徳島の阿波おどりに行きたい!!

と日帰りバスツアーの予約をしたのが
今年6月のはじめ頃だったと思います。



阿波おどりを
一度本場徳島で観てみたいと
昔からずっと思っていたのです。



今年の夏、
私の最大のメインイベントで
とても楽しみにしていました ^ ^



当日は4日間開催される内の2日目、
お天気は晴れ。



大阪の梅田を午前9:45集合って…
徳島まで行くのに随分ゆっくりという印象。

ちなみにどなたもご存知の
大手旅行会社のツアーを利用しました。




大まかな流れとしましては、、、


徳島に入ってすぐのリゾートホテルで
ビュッフェ形式の昼食タイムが90分、

その後
徳島市内の自由時間が2時間半。


そして
指定のS席が確保されている演舞場で
18:00~20:00迄の2時間
阿波おどりを観賞したのち大阪へ戻る。


という予定でした。




たったの2時間かぁ~
あっという間だろうな、、、

でも
日帰りで帰ってくるのだから仕方ないか(^∀^;)


と思っていました最初のうちは。





それがバスに乗った瞬間、

ここポイントです。瞬間!に、


「お盆で道路が渋滞しているので、
2時間も観ていたら今日中に大阪に帰れません。

今日になってのご案内ではありますが、
1時間半の観賞とさせて頂きます。」

とおっしゃる訳なんです。



ええー!そんなぁ!
お盆で道路が混んでいるのは
毎年の事じゃないの?(´;ω;`)



冒頭でいきなり楽しみを削られ
ショックを受けつつも、

バスは徳島へと向けて順調に







進まなーーーーい(´;ω;`)




全然進まないんですこれが。



正直歩いた方が早いのでは?と
思うほどで、

日帰りどころか今日中に着くの?と
ざわつくバスの中(・・;)



お盆休みの渋滞に加えて
事故で大渋滞に巻き込まれてしまったんです(>_<)





それでも
よーうやく明石海峡大橋を渡って、

こんなキレイな瀬戸内海の景色を眺めたら
一瞬にして気持ちが晴れやかに ^ ^


e0289377_13405835.jpg





しばらく進み、
バスの中から鳴門海峡の渦潮を見ることも出来ました。

e0289377_13413427.jpg

わかりずらいですがこれ↑↑渦潮です。

バスの中から撮ったとは思えない画像。
どんなにバスがゆっくり進んでいるか
お分かりになって頂けるかと思います 笑




ランチの時間をとーっくに過ぎて、
ようやく到着したホテルでは
既に次の団体さんがお食事中。



急遽(?)レストランの隣の
大広間が用意され、

遠くまで取りに行ったビュッフェ料理を
各自その部屋まで運んで食事するという
スタイルになりました(^∀^;)



でも料理はとっても美味しかった!


和食料理だったのですが、
お造りや鯛めしが最高でした!



皆さんどれだけお腹すかせていたのか
召し上がる召し上がる 笑






e0289377_13423276.jpg

食事した部屋からの景色です。



私は着いてからも楽しみたかったので
ここでの食事はサクッと済ませ、

あまってしまった時間は
この青い海と空を眺めて過ごしました。




その後ようやく現地に到着したものの
予定より大幅に遅れた分
自由時間がそのまま削られ、

楽しみにしていた市内の散策も
慌ただしく(;゜∀゜)




e0289377_13461798.jpg

青空が雲に隠れてしまいましたが、
奥に見えるのが眉山です。





e0289377_13472028.jpg

e0289377_13481802.jpg


至るところで
阿波おどりの街を感じられます。




e0289377_13495282.jpg

e0289377_13522739.jpg

右を向いても左を向いても
踊り子さんの姿でいっぱい。



皆さんとても気さくで、
踊りの型を決めながら
一緒に記念撮影もして下さいました。





e0289377_13573410.jpg


徳島の名産スダチを使った
ビールやカクテルも販売していました。


私の飲んだガフ、
ビールとスダチがよく合って
美味しかった ^ ^




駆け足で駅周辺をぐるりとまわって、
あっという間に自由時間もおしまい。



数ヵ所ある観覧席の中
指定された紺屋町演舞場へと急ぎます。


座席は前から3列目。
とっても観やすい場所でした。



18:00からいよいよ
阿波おどりのスタート。



各演舞場によって
連(グループ)の出演スケジュールが決まっていて、

歴史のある有名な
いくつかの連を観賞する事が出来ました。



e0289377_13532771.jpg

e0289377_13542310.jpg

e0289377_13553113.jpg

e0289377_13560282.jpg

e0289377_13563000.jpg

e0289377_14012906.jpg



もう、ほんっとうに美しかった( ;∀;)


キレのある男踊りに、
女性らしい優雅な女踊り。


よしこの、と言う
阿波おどりで唄われる歌、

えらいやっちゃえらいやっちゃ…
踊る阿呆に見る阿呆…
ヤットサーヤットサー…
などの囃子言葉に

二拍子のテンポいい鳴り物を聴いていると
ぐっと心が引き込まれて行くのを感じて、

もっともっと観ていたかった、、、




誰にもジャマされたくなかったのにぃーー(ToT)




ほらっ!さっさと行くよ!
と言わんばかりの勢いで連れ戻されました。
添乗員さんに(>_<)



まだ観始めたばかり、

と言うより
徳島に到着したばかりだったのに、、、


うしろ髪引かれまくりで
首根っこつかまれて
バスに乗せられた気分でした( ;∀;)




でも確かに帰りも渋滞していたんです。
30分早く切り上げたのに全く足りないくらいに。



これ、梅田からの最終電車に
間に合わないのでは??



添乗員さんとドライバーさんが
やきもきしているのが伝わってきて、

安心感全くなし。




日帰りで大阪から阿波おどりを観賞しに行くって、
こんなタイトなスケジュールだったのですね(-_-)


阿波おどり日帰り弾丸ツアーには
かなりのムリがあります。

と、参加してみて初めてわかりました。





それで結局
どうなったと思います?



どうやっても
梅田の最終電車には間に合わない!
という判断のもと、

三宮の駅で降ろされるという
結末になりました(°Д°)



そんな事ってあるの?


クタクタの体でバスから放り出されて
仕方なく電車で帰って来ましたが、

自宅までがものすごく遠く感じられました。



家に着いたのは深夜0時を
とっくに回っていて、

ゆっくりと阿波おどりの
余韻に浸ることも出来ず(・・;)




改めて今回の事を振り返ってみると、
阿波おどり観たのは現実?
と思ってしまうくらい

やたらとバスに乗っている印象の強い
長い長い一日でした。





観賞しているときに、

阿波おどりって盆踊りなんだよね。
阿波のご先祖さまたち
みんなここへ帰って来ているのかな。。。

って考えた瞬間があって、


その時
私の頭をかすめてどこかへ
飛んで行ったアゲハチョウが。


あれはどこのご先祖さま?


うちのご先祖さまが
一緒に観てくれていたなら嬉しいな。




わずかでも貴重な時間が過ごせた事を
しあわせに思う反面

出来ればいつの日かもう一度、

今度は徳島に一泊して
心行くまで堪能してみたいと切に願います。




声を大にして言いたい。


阿波おどりは美しかったー!


















END




[PR]
by courtfield | 2017-08-15 11:48 | 日常 | Comments(0)
嵐のあとの新世界
先日
7日の大阪は台風で大荒れ。



いつも以上にその勢力や行方が気になっていたのには、
翌8月8日がま口の日(パチンパチン)に
東京から友人が遊びに来ることになっていたから。



最初は新幹線大丈夫かしら、、、と
ずいぶん心配していましたが、

当日の朝には雨も上がりどうやら問題なさそう。



まずは始発の新幹線に乗り込んだ友人を
新大阪の駅までお迎えに ^ ^




何年も会っていなかった
という訳ではないので涙の再会(ToT)

とはならず、


大阪を一緒に歩いている事が不思議で
謎の笑いをこらえるのに必死(*≧艸≦)




なんせ友人が訪ねてきてくれるの
初めてだったもので、

こんなへんてこな気分になるんだ…と
なんかとっても新鮮な再会でした。




さてさて
今回この友人の大阪最大の目的、

それは


なにわ食い倒れ!!




事前に行きたい所リストを
受け取っていたのですが、

行った事のある店はゼロ。



これどうやって案内しよう…(*_*)
と不安になった私は

行ってきました下調べに。



行きたいお店の
ほとんどが新世界界隈だったので、

ついに私も
ディープな世界に足を踏み入れてしまった 笑



新世界といえば串揚げの聖地。

ガイドブックに載っているような
店にもまだ入ったことがないのに、

友人のリクエストは
知る人ぞ知るの隠れ名店。



いったいどこで調べたの??と思ったら
大阪生まれの知人から
完璧なるレクチャーを受けたらしいのです。


こうなったらガイドブックに
必ず載っている有名店をはしごして
食べ比べを決行。



同じ串揚げなのに
衣とソースだけでも全然違うこと、
初めて知りました。



なるほど。

付け焼き刃ではあるけれど、
これで少しは味の違いも説明できるかな ^ ^




友人が来た日は台風一過の
スッキリとした晴れ!と思いきや





e0289377_13061123.jpg

どよ~ん(´Д`|||)




通天閣だ!
とテンションが上がっている友人には
ちょっと残念なお天気。




おまけに
最初の一軒めに予定していた店が
まさかの臨時休業(°Д°)



そのための始発だったのに、ね…。

リサーチ不足で申し訳ない(>_<)



ガッカリしている様子が
とっても気の毒だったのですが、

せめて話のタネにと
ソース二度づけ禁止発祥のあの店へ。



ここは串揚げだけでなくどて焼きも美味しくて
友人も気に入ったらしく
とりあえずホッ ^ ^




朝食~昼食までを
新世界で過ごしたあと

大阪に来たからには道頓堀で
記念撮影しなくてはね、
と向かったところ

着いて早々
「バケツをひっくり返したような雨」
とはこういう事かと言うほどのどしゃ降りに(°Д°)


笑い事ではないのですが
思わず笑ってしまうほどの降り方で、

心斎橋までお散歩しようか
と言っていたのに、
それどころではなくなってしまいました。





夜は福島の方に移動したのですが、
友人からリクエストされていた店は

予約不可の上、
いつも長蛇の列が出来ているまたも名店。



暑い中待つのでは大変だろうと
早めに到着したのが功を奏して、

ほとんどがカウンター席の中
待ち時間なしで数少ないテーブル席へ。



せっかく大阪まで遊びに来てもらったのに
何かと行き届かないアテンドに
申し訳ない(;>_<;)

と思っていただけに、
この時ばかりは心底嬉しかった 笑



と思ったら
帰りの電車が事故で動かなくなってしまうし!


なぜ??笑



ハプニングもたくさんあり、
つかの間の再会ではありましたが
本当に楽しい一日でした ^ ^






そして
それから3日後の昨日。

私はまたしても新世界に行ってきました。


目的は
「天王寺動物園のナイトZOO」 ^ ^




ナイトZOOの事は昨年のニュースで知りました。

ちょっと楽しそうだな♪と関心があったものの
上手くタイミングが合わず
結局昨年は行くことができませんでした。



あれから一年、

先日
新世界へ下見に行った時に
駅の構内でナイトZOOのチラシを発見し、
去年の事を思い出しました。



今月8日間しかない開催日のうち
行かれるのが昨日だけだったので、

これを逃すとまた一年。


ここは行くしかないでしょ ^ ^
と午後からのんびり出かけて来ました~。




e0289377_14405466.jpg


入園する頃は16時頃でまだ明るかったのですが、

ナイトZOOの開催日に限っては21:00まで開園され
動物たちの夜の様子が見学出来るのです。



フラッシュ撮影禁止なので
写真は明るいうちに。


e0289377_14485446.jpg

e0289377_14493993.jpg

e0289377_14502459.jpg



動物園何年ぶりだろう。


夕方からだったので助かりましたが、
この季節
動物たちも暑くてたまらないでしょうねぇ。



シロクマくんがとっても涼しげでした ^ ^





ナイトZOOを楽しんだ後は
もちろん新世界ですよね、この場合。



でもお盆休みの始まった昨日、
人気店はどこも行列。


最初は前回も入った串揚げ店の
行列に並んでいたのですが、

折角だからまだ入ったことのない店に
挑戦してみる…?と相談していた所、

隣の店の列から何やら通っぽい関西の方の
会話が聞こえてきました。



思わず話しかけてみる ^ ^



ご夫婦でよく新世界の辺りには
いらっしゃるそうですが、
その店は噂では聞いているけど初めてとのこと。


最初に並んでいたところより
早く順番がまわって来そうだったこともあり、
これも何かのご縁と
そちらの店に並び直すことにしました。



しばらく待ったのち入店すると、
そのご夫婦と会話が交わせるほどすぐ近くの席に。



ご一緒しませんか~と
言いたいところでしたが、

最初のひと串を食べたところで
ん?これはちょっと違うかも、、と。



マズイ、
短期間で串カツに厳しくなってきている(-_-)



最初に注文した分だけ食べて
別のお店に移動しようと決めた矢先、

「ここはダメ、よそに行くわ」(>_<)
とご夫婦が耳打ちをし、
一足先に店を出て行かれました。




そして遅れること5分。


もう串はやめてお寿司つまんで帰ろう
と入った店の、
唯一空いていたカウンターの隣の席に


なんと!!(゜ロ゜ノ)ノ



先ほどのご夫婦が座っていらっしゃったのです。



ジョーダンで
「隣空いてるからここに来たりして」笑
ってお話されていたそうで、


いやいや
本当に来てしまいましたf(^^;



てっきりどこかの串揚げ屋さんで
食べ直していると思っていたのに、

まさかお寿司屋さんで
お隣になるなんて!



あれだけたくさんのお店がある中で、
とても偶然とは思えません。


ミラクルです。




ご先祖さまが繋がっているのではないか
とか、

もしかして会社も同じなんじゃないか
とか、

そこから盛り上がる盛り上がる(*´艸`)



話の流れから、
とっておきのお好み焼き屋さん情報まで
教えて頂いて、

なんだか
とってもハッピーな気分になった夜でした。




人とのご縁って不思議です。





e0289377_17195846.jpg

こんなキレイな夕暮れの通天閣、
今度は友人にも見せてあげたいなぁ。














END






















[PR]
by courtfield | 2017-08-12 19:03 | 日常 | Comments(0)
   

がま口いっぱいのしあわせ。
by courtfield
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。