カテゴリ:日常( 176 )
変わってゆくもの
とても大切な用があり
2日ほど東京に戻っていました。



出かけた日は寒ーい朝でしたが、
雲ひとつない良いお天気で

e0289377_16090906.jpg

新幹線の中から
こんなに美しい富士山を見ることが出来ました。



いつもは窓の外なんて
ほとんど見たことがないのに。


手元の携帯から
ふと目線をあげたらこの景色。

感動しました。




ここの所大阪でも
特に朝晩はまるで冷蔵庫の中にいるよう。


早朝
自宅前から新大阪まで
タクシーに乗ろうと思ったのですが
こう言う時に限って全然来てくれず、

やっと乗り込んだ時には
手足の感覚がなくなっていました。



この冬は大阪の方が幾分暖かいと
感じていたのですが、この日は逆。


品川に着いたら思いのほか暖かくて
どれだけほっとしたことか。



こんな最高のお天気も富士山も、
神さまからのエールかな。




この日は私にとって
大切な人を想う日であったのですが、

ここ数年のことを思い返しながら
改めて自分を見つめ直すきっかけにもなり、

またひとつ大きな学びを得る事ができました。




全ての事を無事に終えた夕方、
着替えをするため宿泊先へ向かいました。


生まれ育った実家と近い場所だったので
久しぶりの懐かしい道を歩きながら。


穏やかな気持ちでいたかったのに、
内心
すごいショックを受けてしまった。


ほんの少し見ない間に
あそこも、ここも…って

すっかり様子が変わってしまっていました。



小さい頃から可愛がってくれていた
あのおばさんのお家、
なくなってしまったんだ…


この道の
大好きだった椿や南天、紫陽花の木、
いつの間にか伐採されてしまった…


シャリ、シャリ、
っていう音が心地よかった砂利道も
舗装されて…

それは
綺麗になったと言えばそうだけど、

もうあの頃とは違うんだよって
言われている気がして
私には泣きたくなるような光景でした。




夜、
昔よく行っていた馴染みの居酒屋に
久しぶりに行ってみました。


この店は
古くからある街の居酒屋だけど、

料理が美味しい上
居心地が良くいつ行っても混んでいて、
満席で入れないこともしょっちゅう。



仕事帰りのお父さんたちが
いい感じで盛り上がっているであろう
時間帯と重なってしまったので、

これは入るのムリかなぁ~と
恐る恐る入り口の戸を開け目を疑ぐってしまいました。


空席だらけ。



近くに新しい飲食店がいくつもできていたので、
みんなそちらへ行ってしまったのでしょうか。


こじんまりした店の中、
あのギュウギュウに座る感じが
やたらと落ち着く店だったのに…


辛いことがあった時
人に紛れてボロボロ涙溢れても
全然へっちゃらな店だったのに…


こんなにガラガラだったら
泣いたら目立つじゃない。



会計の時におじちゃんが
「みんな帰っちゃう…」ってつぶやいていたのが
妙にもの悲しくて、

はぁーまた涙が。


次に行く時まで
元気で営業続けていてね
と思わずにはいられません。






e0289377_17493460.jpg

翌日も朝からいい天気。


この日は
新宿、原宿~青山、代官山、恵比寿と、
久しぶりに東京の街を見てまわりました。

そのために1泊したので
そこはもう思う存分。


ただ
この日も行くところ行くところで
思い知らされることになるわけで。



好きだったお店がなくなっていたり、
街の雰囲気に似つかわしくない
(と勝手に私が決めつけた)お店が
出現していたり。


こんなだった??


たぶん、
こんなだったのだと思います。



大阪にいたって
わずかな間にも
日々めまぐるしく街は変わってゆくもので、

きっと近くにいたらそんな事
とるに足りないことなのかもしれません。


一度にたくさんを
目の当たりにしたことで、
置いてけぼり感がすごかっただけ。


最後に住んでいた時には
もう既にそんな東京になりつつあって、

私が求めていたのは
もっともっと遠い昔の

実家近所であり、

大好きな街の
代官山や恵比寿なのかもしれません。


遠くにあると自分の都合のいいように
美化してしまうものなのかな。



世の中には変わらないものも
変わってはいけないものも
たくさんあると思っています。


私も自信を持って変わらないと
言えるもの持っています。



それでも
生きているっていうことは、

人も物も時と共に変化していくものなのだ
と深く考えさせられた2日間でした。


変わるって
悪いことばかりではない。



今回
唯一変わって嬉しかったのは
自分の中にある嫌いだった部分の心。



これからの人生
また少しでも成長出来るように頑張ろうと

遠く離れた人に背中を押され
そう心に誓いました。













END



















[PR]
by courtfield | 2018-02-10 21:29 | 日常 | Comments(0)
手しごと市に行ってきました
寒いですねぇ。

私の住んでいる地域でも
先週の金曜に降った雪が積もり、

翌日は路面が凍結していました。



積もった…と言っても
かき集めてかき集めて、

5㎝ほどのミニチュア雪だるまが
やっと作れたほどにうっすらでしたが。





昨日の朝
東京にいる友人から電話があって

「約束していたこと来週に延期する」
って。



約束と言うのは何の事はない
共通の知人宅に行った報告を受ける、

という他愛もないことなのですが、


その理由が

「あまりに寒くて、
外に出たらヒートショック起こすから」




不覚にも笑ってしまった。


雪国の方に聞かれたら怒られますよ。





さてさて
そんな寒い中でも
手作り市は開催されているわけで、

突然思い立った土曜日、
神戸・湊川公園手しごと市へと遊びに行って来ました。


e0289377_17204380.jpg

e0289377_17185787.jpg

e0289377_17201432.jpg

見るからに寒そうです(×_×)


時々
チラチラと雪も降ってきたりして、
実際にとても寒かった。


でもこちらの市、
なんだろう雰囲気があたたかくて
とってもいい感じなんですよね。


まず
「手しごと市」っていうネーミングがすてき。



雰囲気が良い理由のひとつに
飲食や物販に加えて、
ミニステージで音楽が聴けるということもあります。


音楽の力は大きいですね。

寒さも暖かさに変えてしまうのですから ^ ^



私が着いた時には
ちょうどギターの弾き語りで
Daydream Believer♪が流れていました。


清○郎さん 訳詞のこの曲大好き。


優しい歌声で
一気にほんわかした気分に包まれました。




私が手しごと市にお邪魔したのはこれが2回目。


本当は去年の3月に
出展させて頂く事になっていたのですが、

あの時は当日の朝に熱が出てしまい
キャンセルさせて頂くという
ご迷惑をお掛けしてしまいました。



その後、
(この日もそうですが)
もう少し早くに予定を合わせられたら
エントリーできたのに。。。という事が
続いていて、

未だに出展を果たせず遊びに行く側です。



そんな湊川公園手しごと市ですが、
今回一番の目的だったのが無農薬の八百屋さん。


それにはもっと早く
朝イチに到着しなければいけなかったのに、

着いたのが13時半頃だったもので
少々品薄状態でしたが、
お目当てのモノ残っていました。


初めて手しごと市に行った時にも購入した
無農薬のにんじん。

それと
やはり農薬や化学肥料を使っていない
レモンが欲しかったのです。



どちらも無事手に入れる事が出来たら
急にお腹がすいてきました。


お昼をとっくに過ぎていたので、
温かいスープなど
中には完売してしまっているお店もありましたが、

前回食べた時の味が忘れられずカレー屋さんへ直行。



e0289377_19012137.jpg

注文するとその場でナンを焼いてくれるのです。

キーマか野菜のカレーのどちらかに
焼きたて熱々のナンがついてワンコイン。

美味しい上に
お財布にも優しい ^ ^



お腹を満たしたところで
のんびりとお店を見てまわっていたら、

「お疲れさまです!」

って突然声かけられてびっくり。



いつも百万遍さんでお世話になっている
三重県在住のアクセサリー作家さんのご夫婦でした。


関西の手作り市の事いろいろ伺えて、
思いがけないお喋りができ楽しかった ^ ^



自分が出展している時と違って嬉しいのは、
ゆっくりお店を見せて頂きながら
作家さんとお話させて頂けること。




初めてお会いした陶器屋さん。

e0289377_17500185.jpg

「鍛えた腹筋で あなたのお箸を全力で支えます」


って書かれていて
思わず連れて帰らずにはいられなかった
茶系パンツの箸置きカップル。



e0289377_17553762.jpg

お支払いしようと思って
逆サイドに回り込んだら目が合ってしまった
小さな一輪挿し。


ラブズくんって言うネーミングは
「God loves you」のlovesなのだとか。


そんな事聞いちゃったら
ますます惹かれてしまい

右の子、
今 我が家の棚の上にいます。



クスリと笑えて
心がちょっと豊かになるような作品。


やっぱり手作りっていいですよね ^ ^
















END
































[PR]
by courtfield | 2018-01-29 22:35 | 日常 | Comments(0)
友人たちへ
関東甲信で大雪とのこと。
ニュースで映像を見て心配しています。


関西では京都市内で雪が降ったようですが、
今日の大阪はところによりみぞれ。

私の住んでいる地域は雨でした。



先週の木、金と東京に帰った時は
こんなにいいお天気だったのに。

e0289377_19203608.jpg

帰省の目的場所から東京タワーがよく見えます。


子供の頃から何度もこの景色を眺めていても
写真に納めたことなど一度もなかったのに、

スーツケース転がして
大阪から向かったからでしょうか…

どこか観光気分で
撮らねば!と思ってしまいました(^o^;)



東京は雪に弱いですからね…

大阪にいると言えど
友人知人の多くは東京近郊にいますので、
みんな大丈夫かな…と気になります。



今年最初の東京はいつもの用事プラス、
翌日に懐かしい再会を果たして来ました。


高校時代の一番の友人、H 。

出会ったのは15の春ですよ。
そんな時代もあったのね 笑


ある時期までは時々会っていたのだけど、
ここ数年
年賀状のやり取りだけになってしまっていた
最大の要因は…


家が近かった( ̄∀ ̄)


いつでもすぐに会えると思っていた安心感で
何年も経ってしまい、
東京と大阪で離れてしまった途端
お互いに会いたくなってしまうという…


彼女とは高校1年の時
出席番号が前と後ろだった事に加えて、

自宅の最寄り駅が同じだったので
一緒に登下校することも多く、

夏休みには旅行にも行ったし
学生時代の楽しい思い出がいっぱい。


駅で待ち合わせて再会した時
なんか涙が出てきちゃった( ;∀;)


でも友達っていいですよね。

何年会っていなくても一瞬で昔に戻れるのですから。



彼女は子育てを経験して
人間的にも成長して、

私なんかよりずっと大人ですが
根っこの部分はちっとも変わらなくて。


今の話も昔の話も
喋り尽くすには時間が足りなすぎました。



帰りの新幹線の中では
今回は会えなかった友人Yちゃんからの
嬉しいメールが届き、

大阪の自宅に帰ったら
やはり長い間会っていない友人Iちゃんからの
思いがけない手紙が届いていました。



友達って本当にありがたいなぁと、
つくづく感じた1日でした。


またみんなに会える日を楽しみにしつつ、
雪の被害が最小限でありますよう祈ります。











END









[PR]
by courtfield | 2018-01-22 23:43 | 日常 | Comments(0)
大阪のお正月模様
大阪では皆さんどんなお正月を
迎えるのだろう。。。


何かと言うと
生まれ育った東京と比べてしまうのですが、
大阪では門前に門松を立てているお宅が
あまりないような気がするのですが…


少なくとも今私が住んでいる地域では、
昨年と今年とそんなお家を一軒も見ない。


私の子供の頃は年末になると近所に
門松などのお正月飾りを売る屋台が並び、

それを見ると幼いながらも
あ~お正月が来るんだなぁと思ったものですが、
もう何年も前からそんな年末の風物詩も
見なくなりました。


それでも東京下町の実家近所では
今でも土地っ子たちが軒並み門松を立てるので、
それが当たり前の正月風景と思っていたのですが…


きっとこの辺りは私のように
移り住んでいる方が多く、
古くから続いている風習がないのかな?

街がいつもと変わらず、
お正月らしさが全く感じられません。



それでも習慣っていうのは不思議なもので、
例えご近所がしていなくても
同じようにしないと何だか気持ちが悪い。


門松ではないけれど、
玄関のドアにしめ飾りをしました。
ちょっと控えめな大きさですが。


大阪弁で言ったらこの辺りで我が家だけ
いきってる感じ? 笑



聞くところによるとお正月飾りを取り外す日も
関東と関西では違うのだとか。


松の内が
関東では1月7日ですが、
関西では1月15日なんだそうです。


郷に入れば郷に従えとは言うものの、
何十年も七草粥を食べる7日に外していたものを
15日まで…(;´∀`)


ただでさえ目立ってますし、
いつもの年のように7日に外しましょうかね 笑



お雑煮はこれまで数人の
大阪生まれ大阪育ちの方にリサーチしましたが、
皆さん具などが結構バラバラでした。

ただ白味噌で丸餅という点は
共通していました。


スーパーに並んでいるお餅も
丸餅の方が圧倒的に多く、

初めてその光景を見た時は
結構衝撃的でした。


そもそも
あの誰もが知っている○○の切り餅
に丸餅バージョンがあったなんて…
(関東の方、今ビックリしてますかぁー?)



私は大阪にいても
慣れ親しんだお雑煮で
新年を迎えましたよ ^ ^


友人が暮れに貴重な突きたてのお餅を
わざわざ大阪の我が家の分まで用意して下さって、

これがもうほんっとーうに美味しくて( ;∀;)


お陰さまでいいお正月をしています。
ありがとーう。



年末にお正月準備のため
梅田の百貨店にも行ってみましたが、
食料品のフロアーなんてもう大大大混雑していて
あの凄まじかったクリスマスイブを軽く越えました。


30日には大阪の台所、初めての黒門市場にも
潜入して来ましたよ~。


圧倒されて一切買い物が出来ず
ただ見て回っただけですが。


雰囲気はちょっと違いますが
東京で言ったら御徒町のアメ横でしょうか。


いやー、活気がありましたねぇ。

e0289377_18571792.jpg
とにかくものすごい人でした。
これでももう夕方です。



e0289377_18584008.jpg
お惣菜屋さんのお節料理。
もりもりでビックリしました。



e0289377_19000288.jpg
おめでたい鯛がズラリ。



e0289377_19014978.jpg
蟹に海老もズラリ。



e0289377_19034876.jpg
関西の丸餅。
あん餅って言うのも東京では見ないですね。

ここでは売っていませんでしたが、
海老入りのピンクのお餅は昨年体験しました!
磯辺焼きにしたら美味しかった~。




e0289377_18113506.jpg
お正月用のたくさんのお花。





人に流され
右へ行ったり左へ行ったりしながら
撮影させて頂きました。



初っぱなにドーーーン(邪魔邪魔!)
と体当りされポッキリと心折れましたが、


途中これどーやって作るんだろう…と
立ち止まってじぃーっと見ていた私に
「写真撮ってええよ」って声かけて頂いて、

「え?いいんですか?」って言ったら
「かまへんかまへん!」って。


e0289377_19145154.jpg
筍で作った細工物の鶴亀。
これ、素晴らしい技術でした。




知らなかった事を知ったり、
初めて経験するって本当に面白い。

一度は関西風のお雑煮も
体験してみようかな~と思いはじめた
新年3日目の私です。







END











[PR]
by courtfield | 2018-01-03 21:00 | 日常 | Comments(0)
迎春
e0289377_12234279.jpg


昨年中は大変お世話になり
ありがとうございました。

今年もCOURT FIELDを
どうぞよろしくお願い致します。




昨日はちょっとあやしいお天気の大阪でしたが、
今朝 窓の外に見た朝焼けのキレイだったこと。

皆さまに幸多き年でありますよう
お祈り致します。








END





[PR]
by courtfield | 2018-01-01 13:48 | 日常 | Comments(0)
Merry Christmas!
大阪で迎える2度目のクリスマス。



今日の大阪はあまりよいお天気ではなく、
夕方から雨が降りだして来てしまいました。



せっかくのクリスマスですが
今夜は星空が見えそうもありません。




午後から梅田まで買い物に出たら
それはそれはすごい人で、

恐るべし日曜日のクリスマスイブ
という感じでした。



まぁ私もその内のひとりですが…



本当は梅田の赤白(←私が大阪に来てから
とっても気に入っているお店)で
食事して帰りたかったけれど、

平日でも17時には行列が出来ている位だから
無理だろうなぁ~と思いつつ
一応行ってみましたが、、、


ハイ無理。




おとなしく自宅の最寄り駅まで戻り
小さなケーキ屋さんで
小さなケーキを買って帰りました。





今年も梅田のドイツ・クリスマスマーケットには
何度も通いました。

e0289377_20353806.jpg



120年前の木製のメリーゴーランド。
e0289377_20465883.jpg
世界で2番目に古く、
ドイツからコンテナで運ばれて来るそうです。



私の好きなラスプスパイス。
毎年一つずつ増やしています。
e0289377_20371111.jpg
マーケット初日に行ったら
品物が豊富でスパイスのいい香りが際立っていました。



ドイツ製の置物やオーナメントのヒュッテ。
e0289377_20383637.jpg

大好き。全種類欲しい。 笑
e0289377_20395615.jpg



レープクーヘン
e0289377_20421267.jpg
ドイツのクリスマス!という感じですね。
見ているだけでも心弾みます。



ゲブランテ・マンデルン
e0289377_20430105.jpg
甘いコーティングがしてあるナッツ。
美味しかったのでついつい今年もアーモンドを。



2017年のグリューワインのマグ
e0289377_20444356.jpg


手前のマグカップは昨年のバージョン。
e0289377_20455609.jpg
マグの持ち込みやおかわりは少し安くなります。
今年2回目に行った時に持参しました。



いつか本場のドイツクリスマスマーケットに
行きたい!というのが夢ですが、

梅田のクリスマスマーケットでも
十分に楽しいひと月でした。




昨日友人と話していて感じたこと。


クリスマスは誰かが誰かを思いやる
あたたかさに溢れた日。


私はやっぱりクリスマスが大好き。



皆さまもどうぞ素敵なクリスマスを~☆







おまけ


e0289377_22002640.jpg
アンティークサンタ。 怖いよ~。








END









[PR]
by courtfield | 2017-12-24 22:05 | 日常 | Comments(0)
神戸へ
昨日は12月とは思えないような
ほんとーうに寒い1日でした(((((((>_<)


昼過ぎから神戸に出かけたのですが
冷たい風がピューピュー吹き荒れていて、

厚着して行ったつもりでしたが
着いて早々カイロ購入しました。


あまりの寒さに
ゆっくり街を散策…どころではなく、

大半をカフェやショップで
ぬくぬくしておりました(;´∀`)





e0289377_23490671.jpg

夕方
こんなキレイな空を観ることができたのは
昨日1番の思いがけない収穫でした。



e0289377_23501498.jpg

e0289377_23504697.jpg

この季節らしいイルミネーションも
キレイだったなぁ。




寒くて凍えそうな中、暗くなるのを待って
お目当ての場所へ頑張って行ってきました~。



神戸ルミナリエです ^ ^


e0289377_23592019.jpg

e0289377_23563175.jpg

e0289377_23565007.jpg

e0289377_23571624.jpg


とてもキレイでしたが
寒い~~!寒すぎる~~!



元町から三宮にかけての一方通行で、
人々が元日の初詣のようにゾロゾロと

歩く…

そして歩きつつ観る…



この不自由さがまた寒くて~(>_<)



紅葉を観に行った時のように
なるべく混雑を避けたくて
スタート時間の15分前に到着したのですが、

15分!
立ち止まって待機していた
このわずかな時間に体がガチガチに
固まりました(×_×)




もう10年以上も前に
東京ミレナリオには行った事がありましたが、

ルミナリエは初めてで
実はとても楽しみにしていたのですが、

全身冷えきった上
もう足先がどーにかなりそうで
寒い~(>o<")しか出てこない。


わぁ~(*´艸`)
とか言いたかったのにな、ホントは。



温かい場所で温かいものをお腹に入れ
ようやく復活しましたが、

終日私の頭に浮かんでいたのは15日の
百万遍さんの手づくり市のこと。


京都の市仲間から
すっっっごく寒いからしっかり防寒するように!
との一報入りました。


今年最後の百万遍さん。

ご予定されていらっしゃる方は
昨日の私のようにならないためにも、

くれっぐれも温かくして
市を楽しんで頂きたいと切に願いますm(_ _)m
(説得力なし…)








END











[PR]
by courtfield | 2017-12-13 08:00 | 日常 | Comments(0)
京都紅葉めぐり(後編)
師走に入り日々寒さも厳しくなる中、
既に少々季節外れの話題ではありますが…
今年の紅葉の記録 後編です。



永観堂に行った翌週11/28に訪れたのは、
京都の紅葉名所ランキングで常に上位の

東福寺。


e0289377_09184643.jpg


e0289377_09193095.jpg


朝から本当に気持ちの良いお天気でした。


確か前回の永観堂では
拝観時間30分前頃から混み出した…という
記憶を元に

東福寺へはきっちり30分前に到着。



すると
永観堂で見た光景とはまるで違う
開門を待つ人々の大行列が続いていて、

一瞬ぼーぜん( ゚д゚)



お天気が良かったのと
見頃の一番のピークを迎えていた事もあって、

人々の本気度がまるで違っていました(笑)



拝観料を納める為の窓口がいくつもあるので
スムーズに進むのですが、

そのあと列を抜けるのに人が入り乱れて
一苦労という場面もありつつ何とか無事に境内へ。



e0289377_09462966.jpg


e0289377_09470765.jpg


紅葉の向こう側に見えるのが通天橋です。


この通天橋から見下ろす紅葉が絶景で
毎年大人気なのだとか。



e0289377_11255367.jpg


e0289377_11273144.jpg


キ~レ~~イ(*゚∀゚*)って
立ち止まって眺めていたいのですが、

後方の方が次々と
撮影の順番を待っているような状況で、

ゆっくりとか、のんびりと言うより
順路に従ってどんどん進む感じ?(笑)



e0289377_11531879.jpg


e0289377_11541655.jpg


e0289377_11552023.jpg


もーう、
こんなの観たことなーい(゚ロ゚ノ)ノ

って言うほどもりもり(笑)



通天橋に人が溢れないように
という事でしょうか、

流れに沿って行くと
後戻り出来ないようになっていて、

永観堂に比べると滞在時間も
自然と短くなってしまい、、、


そうなると行き着く先はお決まりの

e0289377_12112185.jpg

茶屋での休憩 ^ ^



永観堂は境内で紅葉を観ながらでしたが、
東福寺は参拝を終えたら最後に外でどうぞ~と
言う感じでした。


永観堂で飲んだ甘酒が美味しかったので
東福寺でも私は甘酒にしたのですが、

これまた両お寺で全く違う味。


永観堂は甘酒の中に生姜が入っていて、
東福寺は生姜風味の菓子が添えられていました。



外には特設のお土産屋さんも並んでいて、
記念に紅葉の絵付けがしてある
清水焼の小さな器をひとつ購入しました。



当初この日は
もう一度京都の紅葉を観に行くか、

逆にのんびり奈良の紅葉を観に行こうか…と
思案した上での京都だったのですが、

あまりの人の多さに
急遽このまま奈良へ向かおうという事になりました。




e0289377_12505743.jpg


e0289377_12520552.jpg


e0289377_12525983.jpg


この美しい風景が観れただけでも
奈良に来て良かった~と思いました。

遠くに見えるのが東大寺です。



奈良公園の辺りは
修学旅行の学生で賑わっていましたが、

それでも全体的に随分静かな印象があったのは
秋はやはり京都に向かう方が
圧倒的に多いのではないかと思いました。


半日しかなかったので、
ならまちで偶然見つけた美味しいお寿司屋さんで
お昼を食べたあとで

興福寺を拝観させて頂き大阪に戻りました。




さて
昨年の状況からいったら
京都の紅葉もほぼ終わりに近づいているであろう
今月1日のこと。


最後にもう一ヶ所観ておきたかった場所があり
行ってまいりました。



e0289377_13275116.jpg

世界文化遺産
下鴨神社境内、糺(ただす)の森。


e0289377_13302160.jpg

e0289377_13305623.jpg

e0289377_14570576.jpg

e0289377_13313940.jpg

e0289377_13320748.jpg

e0289377_13324571.jpg


このノスタルジックな雰囲気
伝わりますでしょうか ^ ^



下鴨神社は
百万遍さんでいつもお世話になっている
知恩寺から近いのに

今まで一度も参拝させて頂いた事がなく
今回初めて拝観させて頂きました。


下鴨神社は京都の中でも紅葉が遅く、
糺の森はまるでヨーロッパの公園のよう
と聞いていたので、

最後チャンスがあれば是非!と
思っていました。



観光の方もあまりいらっしゃらず、
カメラがご趣味というような方がちらほら。


心落ち着く素晴らしい時間を過ごしました。




この日
次に向かったのが哲学の道。


e0289377_13542248.jpg

e0289377_13550460.jpg

e0289377_13555368.jpg

e0289377_13563312.jpg

e0289377_13570751.jpg

e0289377_13575692.jpg

e0289377_13584215.jpg

ある意味穴場ではないでしょうか。

こんな風に道沿いの木々が色付くなんて、
私が行った時は人も少なくて
以前歩いた時とはまた違った趣があり
とても素敵でした。


最後はそのまま平安神宮まで歩き
参拝をさせて頂きましたが、

日が良かったのか下鴨神社でも平安神宮でも
結婚式に遭遇し、
とても厳かな気持ちになりました。



以上がこの秋に私が関西で観た
紅葉の全てです ^ ^



広島に旅行した時は広島に住んでみたいと
思いましたが、
秋の京都に行ったら京都に住みたい!
毎年毎年こんな紅葉を観ることが出来たら
どんなに幸せだろう…
と思わずにはいられないほど本当に美しい世界でした。


「この季節だけは京都に住んでいて良かったと思う」
と市の仲間が言っていましたが、
その気持ちがとってもよくわかりました。



今年観たこの数ヵ所で
どこが1番というのは難しいけれど、

少し時間が経って思い出すのは
スマホの画面を通してではなく、
心の目で観た風景ばかり。


そう思うと
初めに行った勝持寺は特別忘れ難く
胸に刻まれたような気がします。



今年の秋は私にとってとてもいい季節でした。
思い出、大切にしたいと思います。




e0289377_14403257.jpg








END









[PR]
by courtfield | 2017-12-11 15:20 | 日常 | Comments(0)
京都紅葉めぐり(前編)
e0289377_10500327.jpg



「そうだ、京都行こう。」

あのCM見る度に憧れていた秋の京都。


一生に一度は京都のあの、
真っ赤に燃えるような紅葉を
この目で観てみたい!と思ってはいても、

東京に住んでいては
なかなかタイミングよく旅程を組むのも
難しいものだなぁー、、、と

私は関西で暮らすようになって
尚更そう思うようになりました。


宿泊先は早い所では1年も前から
予約が必要だと聞くし、

各名所での混雑回避のためには
早朝が鉄則とあっては
無理して日帰りというのも難しい。


一番の盛りの時期も
その年の気候条件によって多少前後するため、
ベストの日程を事前に見極めるなんて、ただ

観てみたい!

としか考えていない
私みたいな人にはムリなんです( ;∀;)


関西にいたって結構難しいと思ったのは、
去年大阪で迎えた初めての秋のこと。


去年は色づき始めの頃に
大阪で紅葉狩りと言えば、、、の
箕面には行ってきたのですが、

ニュースでも連日取り上げられるほど
いよいよ京都が秋本番!を迎えると、

予定する日予定する日が
ことごとく雨、、雨、、雨、、、


12月に入ってすぐ、
ようやく晴天となった休日に嵐山まで出かけたものの
ほとんどが見頃を終えていて…
あの時はショックだったなぁ~( ;∀;)



その分今年は
私なりに気合い入れました(; ・`ω・´)

京都の紅葉を観ずして東京には帰れない!
という固い決意のもと
水面下で独自の調査をしてきました。
(知人に聞き込みして情報をもらっていただけ 笑)


そしてここ重要。
行かれる日は休みなく京都に行く 笑


また次の休みにしようかぁー、
とかユルい事を言っていると
後で必ず後悔することになるので、

眠くてもとにかくひたすら早起きしました。



前置き長くなりましたが、
以下今年の紅葉狩りの記録です ^ ^






まず訪れたのは11月中旬、
京都市西京区にある勝持寺。


春には100本近い桜が咲き誇る事で
別名「花の寺」と呼ばれているそうですが、
紅葉の季節がまた格別と。


ただ京都在住の知人に聞いても
ほとんどの方がご存知ない…

という事は穴場。



そう実はこのお寺、
京都のタクシードライバーさんから
教えて頂いた、まさに穴場。


以前京都の駅からタクシーに乗った時、
物静かでぼくとつとしたドライバーさんが
ポツポツと小声で何かをお話されてる。。。


耳を近づけて聞いてみると
(ホントに近づけないと聞こえなかった 笑)
どうやらご趣味が写真とのこと。


お休みの日にカメラを持って出かけるのが
楽しみだそうで、
中でも紅葉の季節に一番好きなお寺が勝持寺と。


伺った瞬間
そこだけは忘れないようにとメモし、
きっとこれも何かのご縁。。。と

実際にワタシ行ってきましたこのお寺に。






これ
観光の方行かないはずだわ。


どこか近場の観光地と組み合わせるって、
出来ないと思います。


阪急東向日からバスに乗って南春日町下車。


そこからテクテクと20分ほど歩きます。


あれもこれも詰め込みたい旅だったら
私も断念したかもしれません。

そう考えると
なんて贅沢なんだぁ~と思いながら

e0289377_10175466.jpg

こんなのどかな道を歩いていると、、、



e0289377_10195879.jpg


e0289377_10184853.jpg

仁王門が見えてきました。



時代を感じさせるも当然のことながら、
この門は平安時代に建てられ、
応仁の乱から唯一焼失を免れた
勝持寺最古の建造物だそうです。



風情ある参道を行くと
(参道はまだ紅葉には早かったけれど、
時期を迎えるとさぞ美しい事と思われます。)

e0289377_15442960.jpg

e0289377_10211260.jpg

お寺の入り口、南門が見えてきました。



ひっそりと
奥ゆかしくて
厳かで。


e0289377_10215809.jpg


e0289377_16012603.jpg


e0289377_16021572.jpg



ほぉーー、
と思わずため息が溢れました。

e0289377_14454846.jpg

ご本堂を参拝させて頂いた後、
境内でゆっくりとした時間を過ごさせて頂きました。


心静かに、とはこういう事ですね。


平日とは言え
秋の京都にこんな人影まばらなお寺があったなんて、、、



まだ色づき始めたばかりのもみじ。
e0289377_10524318.jpg


ほどよく紅葉したもみじ。
e0289377_10533314.jpg




鐘楼堂近くに座ってじっと境内を眺めていたら、
どこか遠い時代へタイムスリップしてしまったような
不思議な気持ちになりました。


e0289377_10543629.jpg

本当に素敵なお寺でした。



ドライバーさんの
取っておきの場所。


こっそり教えて頂いたから
ブログに公開するのもどうかしら。。。
と一度は思ったけれど、

考えてみた所で私なんかのブログに何の力もないので
堂々と幸せのお裾分けさせて頂きます 笑



朝早くに出発したもので、
ちょうどこの時点でお昼の時間。



勝持寺に向かう途中にあった
大原野神社の敷地内に茶屋を発見。

e0289377_16195500.jpg


食事前だと言うのに草だんご。
美味しかった~。


ちなみに画像の葉っぱ、
小道具のようですが偶然ヒラリと落ちてきました ^ ^
どこまでも風情があるわ 笑


当初食事は東向日に戻ってからと考えていたのですが、
茶屋のお隣に今度はお蕎麦屋さんを発見。


それもすごーく素敵な。

e0289377_16373989.jpg

素通り出来ないほど素敵だったので
迷わず入ってみることに。


内装やテーブル・椅子、
花器やそこに生けられた草花、
もちろん器にも
それぞれこだわりが感じられて
とてもいい雰囲気でした。


肝心のお蕎麦の味も
京都ならではの上品な味でとっても美味しかった。


帰り際に伺ったところ、
オープンしてこの日でちょうど2ヶ月との事。

嬉しそうにお話されるその笑顔が
なんとも希望に満ちていて、
聞いているこちらまで
とても幸せな気持ちになりました ^ ^


夜は予約制で、
たったの一組でも開けて頂けるそう。


お酒を飲みながらごゆっくり ^ ^
ですって。
どこまでも素敵。



勝持寺、
今度は是非桜の季節に行ってみたいなぁ
と思っています。






さて
続きましてその4日後。


テレビや新聞で京都の紅葉が
盛んに紹介されるようになってきました。

紹介、と言うより
取り扱われる?


紅葉の名所という名所が大混雑!という
例年のアレです。


ゴクリ…(゚A゚;)

いよいよハイシーズン到来で
緊張感増します 笑



とにもかくにも私の大本命。

「秋はもみじの永観堂」
の永観堂に行きたい!!


正直どこが一番いいかなんて
結局自分にしかわからないんですよね…

人気ランキングとか本もネットも
たっくさん見ましたが、どれもまちまち。

ただ上位に必ず入ってくるのが
永観堂と、更にこの翌週行く事となる東福寺。


永観堂は
昨年ひょんな事からお話させて頂いた
飲みの席でたまたまお隣に座っていらっしゃった
見知らぬ女性が、

京都の紅葉観に行くなら
ぜっったいに永観堂!!とおっしゃったのが
あまりにも力強かったもので。

それだけの理由です 笑


だって京都で暮らしている知人に聞いても
これだけ力強く明言される方って
そうそういらっしゃらないから。


だいたいの方は
京都はどこに行っても綺麗!
とおっしゃいます。

又は2、3ヵ所同時に教えて下さる方が多くて、
その気持ち私も今年よーくわかりました。
確かにどこもみーんな綺麗。


でもその方は言い切っていたんですよねぇ。


これはよっぽどの事だ…
と思いました 笑


だから
もしお天気のタイミングが合わなくて、
一番のハイシーズンに
どこか一ヶ所だけのチャンスしかなかったら

永観堂!!と
去年からずぅーっと決めてました ^ ^



当日のお天気、まずまずの晴天。

拝観時間の1時間前に到着するという意気込みで
向かいました(`∀´)


昨年一度拝観させて頂いた
南禅寺が行く道の途中にありますので、
少しだけ寄り道して紅葉を観せて頂きました。

e0289377_18301752.jpg

e0289377_18305932.jpg

e0289377_18314506.jpg

大分色づいていますが
ピークはまだこれからのようです。




さて
永観堂はと言いますと…

e0289377_18325173.jpg

e0289377_18343146.jpg

e0289377_18351409.jpg


開門1時間前ですが、
既に待っている人がチラホラ。

想像よりは少なくて私たちの前には
4~5組ほどだったと思います。


しばらくして4列に並ぶように言われまして、
ふと後ろを振り返ると
もう何人の方が列を作っているのか
全く確認できないほどに。

時間の30分前くらいだったでしょうか。


1時間待つのは厳しいけど
30分ならいける!という方が多い模様 笑


余談ですが、
大阪に移り住んでわりと早い段階で気づいた
関西と関東の言葉の違い。
一応順番に気遣ってます 笑


「大丈夫です」

「行ける?」

「あ、はい行けます」


これね ^ ^


大丈夫って言う言い方あまりしないですよね。


ほんとは
ナチュラルな「なんでやねん」とか
言ってみたいですが、
絶対不自然だ(-_-)と思うと口に出来ません。

でも
「いける」は比較的難易度が低いので
たまーに使ってみてますよ 笑




そんな私が1時間待ちでもいける!と思った
永観堂の紅葉がコチラ。



e0289377_19112586.jpg


e0289377_09100992.jpg


e0289377_19130354.jpg


e0289377_19195651.jpg

e0289377_19212223.jpg

e0289377_19230894.jpg

e0289377_19241230.jpg

e0289377_19383296.jpg

e0289377_19391874.jpg


2時間以上滞在していましたが、
その間何回「きれい~」と言ったか
わかりませんが、
間違いなく短時間でキレイという言葉を連発した
最高記録に違いありません!


もうそれしか出てこない。

ほんとーーうに綺麗でした( ;∀;)



写真も何枚撮っただろう、、、

どこを観ても絵になるというか、
もう全部全部ぜーんぶ撮りたい!…みたいな 笑


最後は
写真撮らずにゆっくりもう一周して
この目に焼きつけよう!

という事になり、
記念にもみじの落ち葉を拾ったりしながら
念願の秋の永観堂をたっぷり満喫してきました(*´艸`)



早くから並んだ甲斐はあったのか?

次々と人が流れて来るので
ほんの一瞬なんですよね。

でも最初に目にしたあの景観は
絶対に忘れないと思う。


並んだ甲斐
私にとってはありました ^ ^



これは後に知ったことですが、
今年の永観堂の紅葉は
近年まれに見る美しさだったそうです。




さあ、そしていい具合に
またお昼時を迎える訳ですが、、、


京都と言えば
そして南禅寺と言えばもう湯豆腐ですよね ^ ^


ここはもう
南禅寺湯豆腐の発祥と言われている
奥丹に行くしかありません。

e0289377_20070357.jpg

e0289377_20074784.jpg

ただこの季節。
皆さん同じこと考えてますよね~。


まだ11時半頃でしたが既に長蛇の列(T_T)


おそらく30分位で順番がまわってくるのでは…
との事だったので、

30分ならいける!と 笑



待っている間
問い合わせの電話がバンバンかかってきていて、
「この時期は予約は受けていないんですよ」
「この時間でも既に結構並ばれてます」とか
対応に追われている様子。


店の前を通り過ぎたおじさま達は
「こんなに待ってたら昼飯が夕飯に
なっちゃうよー」って。

つい笑ってしまった 笑



さすが行列のできる店だけあって、
予想も的中。

お店の方のおっしゃる通り
30分経たない内に案内して頂けました。


お座敷の2階に通して頂きましたが、
敷地内には小さな日本庭園もあって
なかなかいい雰囲気。


ランチは一律のメニューになっていて、
コチラが「ゆどうふ一通り」というそのセット内容。

e0289377_20393716.jpg

メインの湯豆腐の他
ごま豆腐、木ノ芽田楽、とろろ汁、
精進天ぷらなどがついてきます。


湯豆腐はもちろん美味しかったですが、
私は木ノ芽田楽が特に気に入りました。

とっても美味しかったですよ ^ ^



食事が終わって外に出てみると
行列が更に長くなっていました。

夕飯とは言わないけれど
かなりお腹空いてしまうのではないかしら…


その点でも
早起きして一番で拝観した甲斐があったかも?


あ、
早起きして朝ごはん食べて行かなかった私たち、
永観堂でお団子食べた事も記録しておきます 笑

e0289377_21162510.jpg

みたらし団子と甘酒です。

永観堂の紅葉を眺めながらのお団子、
サイコーでした ^ ^




お昼を食べたあとは
すかさず東寺へ。

e0289377_21203209.jpg

毎月21日に開催される
弘法市に行ってきました。

東寺の縁日です。


その名の通り
弘法大師 空海さんの月命日である
毎月21日に行われているそうです。


露天の数が1000店以上というから驚き!

なんと百万遍さんの倍以上です。


食品、植木に
骨董、古着、、、などなど。


中には手作りの作家さんも出展されていて、
いつも百万遍さんでお世話になっている方にも
偶然お会いする事ができました。



話には聞いていましたが
実際に見せて頂くのは初めてのことで
とても楽しかった~♪


私の知っている限りでは
世田谷のボロ市に
雰囲気が似ているような気がします。


今月は終い弘法と言って
お正月用品なども出され、
一際賑やかなのだとか。


この日は行ったのが午後になってしまったので
早くも店じまいしている露天もありましたが、

朝早くに行くと又違った
活気のある雰囲気を楽しめそう ^ ^


また機会があったら是非行ってみたいな
と思いました。




ずいぶん長くなってしまいましたが、
実は今年の紅葉めぐり
まだまだ続きます( ̄∀ ̄)


ご覧の通りがま口とは一切関係ありませんが、
飽きずに

読んであげてもいいよ

という方がいらっしゃいましたら
後編へとつづく、、、笑











END


































[PR]
by courtfield | 2017-12-03 23:21 | 日常 | Comments(0)
広島の旅
長い間行ってみたいと
思っていた広島。


東京から行くよりずっと近くなったので、
遅い夏休みを利用して
2泊3日で旅行に行ってきました。


出発の日と翌日2日目が
季節外れの夏日となりましたが、

長雨の中休みに
スポッと収まってくれたお陰で

恵まれたお天気の中
旅を楽しむことが出来ました。



初日
まず最初に向かったのが
平和記念公園。


原爆ドームと資料館を
見学して来ました。


遠い昔、
高校の修学旅行で九州に行った時に
長崎で感じた思いと
この歳になって感じる事。

胸に突き刺さって辛いけど、
やはり行くべき場所だったと思います。


原爆ドームを「見学」という言葉で表現できる
今のこの時代に生きていること、

もっと重く受けとめなければ
いけないと思いました。


改めて
世界の平和を祈ります。


e0289377_09132238.jpg

e0289377_09101755.jpg

e0289377_09114873.jpg




午後はフェリーで宮島へ。

e0289377_06113984.jpg

e0289377_06124517.jpg



たくさんの鹿が出迎えてくれました ^ ^

e0289377_06101901.jpg



世界遺産 厳島神社

e0289377_06153750.jpg

e0289377_06163686.jpg


美しい五重塔

e0289377_09470317.jpg



遅いお昼に
名物のあなごめしを食べました。

e0289377_16582596.jpg



やがて干潮を迎え
足元の見えた大鳥居が夕焼けに染まり、
ため息が出るほど美しい光景でした。

e0289377_08041968.jpg



夜は広島市内の宿泊先に戻る前に
行ってきました~。
e0289377_09595398.jpg
広島風お好み焼き ^ ^


「風」は余計かな??

大阪に暮らしている身としては
感想言うのも何となく緊張感がありますが、、、


ハッキリ言って美味しい!
広島のお好み焼き ゛も〝 美味しかったです! フゥー


広島名物の牡蠣も食べましたよ~。


宮島のあなごめしも
お好み焼きも、

仕事で広島に数年暮らしていた友人に
(←なんと世界的に有名なパティシエを兄弟に持つ)

事前に美味しい所を紹介してもらっていたので
間違いありませんでした(^q^)




翌日は朝イチで尾道へ。



石畳の情緒豊かな坂道を歩き、

e0289377_08460789.jpg

e0289377_08473265.jpg

振り返ると
美しい瀬戸内海の風景が見られる
スポットがあちこちに。
e0289377_08481180.jpg



猫の町としても有名な尾道ですが、
猫の細道と呼ばれる路地を歩けば…

e0289377_08490291.jpg

e0289377_08562089.jpg

たくさんのニャンコに遭遇。

e0289377_08494599.jpg

はまっとります ^ ^



ロープウェイで登った
千光寺山の山頂から見た景色。

e0289377_09184050.jpg

e0289377_09192148.jpg

向島をはじめとした
しまなみ海道の島々を見渡す事が出来ます。




下山したあとで
ロープウェイ山ろく駅近くの
艮神社を参拝しました。


境内で
映画「時をかける少女」などの
ロケが行われた事でも知られるそうですが、

御神木である楠は推定樹齢
なんと900年。


e0289377_09313765.jpg

e0289377_09325860.jpg

言い知れぬパワーを感じました。




尾道は風情があり、
暮らしてみたいと思えるほど
本当に素敵なところでした。



雰囲気のよいお店もたくさん。

e0289377_09422044.jpg

e0289377_09425920.jpg



お決まりの尾道ラーメンを食べた後
向かったのが、、、


e0289377_09461858.jpg

e0289377_09470953.jpg

因島です。



この小さな島の小さなホテルに宿泊して、
翌日までひたすら
のーんびりと過ごして来ました。


e0289377_09495451.jpg

e0289377_09505462.jpg




ホテルのデッキから見た
夕焼け空の移り変わり。

e0289377_17071901.jpg

e0289377_17075780.jpg

e0289377_17081918.jpg

e0289377_17084553.jpg


こんなにゆっくりとした旅は
何年ぶりだろう。


広島の方々の温かいお人柄に触れ、
心身共に癒された3日間でした。


今年観た映画
「この世界の片隅に」の舞台、
呉にも次回は是非行ってみたい。


初めて訪れた広島、
大好きになりました。















END



[PR]
by courtfield | 2017-10-25 10:20 | 日常 | Comments(0)
   

がま口いっぱいのしあわせ。
by courtfield
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。